出典 http://ameblo.jp

記事提供:FunDo

飲みかけのペットボトル…一度口をつけたペットボトルの中で、細菌がすさまじい勢いで増殖しているのをご存知でしょうか?

ここでは、どのくらい細菌が増えるのか?また、その対策はどうすればよいのか?ということをご紹介します。

細菌が増殖する理由は?

直接、口をつけることで、口腔内にある食べ物のかすなどがペットボトルに混入してしまうためです。菌の増殖率は季節や温度、湿気などによって左右されますが、菌の増殖が激しい暑い夏の時期は要注意です。

ちなみに菌の中には、大腸菌やカンジダ菌、黄色ブドウ球菌など、下痢・嘔吐・発熱・食中毒の原因になるものが含まれている場合もあります。

口をつけて飲むと、細菌がこんなに増える!

口をつけたペットボトル飲料の細菌が、時間経過とともにどれくらい増えるか?という調査の結果をご紹介します。

●調査の対象は500mLペットボトル飲料。

●保存料無添加の麦茶と糖分の入ったスポーツ飲料の2種類。

●それぞれ①直接口をつけて飲んだ場合、②コップに移して飲んだ場合の2パターンで検査。

●室温27℃、湿度85%の部屋に置き、5歳の女児に2時間おきに計5回、10時間後まで30〜50mlずつ飲んでもらう。

食事は途中一回、おやつは数回とってもらい、歯は磨いていません。2時間ごとの一般細菌数を検査し、さらにそのまま24時間置いた状態も検査しました。

(麦茶の場合)

(スポーツ飲料の場合)

結果は、ともに「直接口をつけた方」の細菌が増殖しています。グラフを見ると、細菌が時間の経過とともに増加していく様子が一目瞭然ですね。

また、保存料無添加という条件では、スポーツ飲料よりも麦茶の方が極端に細菌が増えています。特に8時間後には1mlあたり3万3千を示すなど、急激に増加していることが分かります。

4~5時間を目安に飲みきること!

直接口をつけなければいいと考えれば、ペットボトル飲料を飲む際はコップに移し替えて飲むことが安全な飲み方ですが、それもなかなか難しい問題です。

そこでおすすめなのが、ペットボトルに直接口をつけて飲んだ場合は4〜5時間を目安に飲みきることです。小さい子供の場合は大人に比べて飲むペースも当然遅くなりますから、早めに飲みきれる350mlサイズのペットボトルなどを選ぶことをおすすめします。

対策を徹底するなら、こんなことも

●冷蔵庫で保存
5度以下で保存した場合には、菌はほとんど増えないとされています。一度口をつけたペットボトルは冷蔵庫で保存することを習慣にしましょう。

●糖分が多いものは控えめに
スポーツ飲料やカフェオレなど、糖分を多く含む飲料は特に菌の増殖が激しいです。対策を徹底するなら、ミネラルウォーターやお茶などを飲むようにしましょう。

気温30℃前後になる夏の時期、細菌は活発になり増殖します。ペットボトル飲料を飲む機会も増えると思いますが、なるべく早く飲みきることを心がけましょう!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス