カナダのバンクーバーで道路わきでぼろぼろの犬が発見されました。犬はほとんど動くことができず、餓死する寸前だったのです。

ボロボロの犬が道ばたに…

マチュール・トゥルノーさんとギヨーム・ルフェーブルさんは車を運転中に道端に犬らしきものを見つけます。一見して犬なのかコヨーテなのか分かりませんでしたが多くの車が通り過ぎる中、2人は助けられるかどうか確認するため車を停めました。するとそれはとてもひどい状態の犬で、明らかに置き去りにされたことが分かりました。

「犬はひどい姿をしていました。臭いもひどく、泥だらけでした。汚れた毛は毛玉だらけになっていました。文字通り、全てに見放された犬のように見えました」

出典 http://www.lifewithdogs.tv

ほとんどの車が通り過ぎる中、立ち止まってくれた2人。この2人の優しさのおかげで犬は一命をとりとめたのです。

骨と皮だけのガリガリの状態

犬を発見したマチュールさんとギヨームさんは、カナダの動物保護団体SPCAに連絡し、犬は保護されました。保護された犬はシベリアンハスキーのメスで推定2歳。体重は15kgしかありませんでした。シベリアンハスキーの標準的な体重は約24kg。シベリアンハスキーは骨と皮ばかりになって死に直面していたのです。

SPCAの職員は保護してくれた人が見つけてくれなければ、ほどなくして死んでしまっただろうと話しています。

「私はSPCAで34年間働いてきました。このように骨と皮ばかりに痩せ細った犬を何匹か見たことがありますが、生きてはいませんでした。この犬がこの状態で生きていたのは驚くべきことです」とSPCAシニア動物保護官アイリーン・ドゥリーバーさんは述べています。

出典 http://www.vancouversun.com

生き延びるために砂利を食べるしかなかったウィロー

保護されたシベリアンハスキーは「ウィロー」と名付けられ、24時間の看護が必要でした。ウィローの胃の中には食べ物は何も入っていなかったのですが、あるものがつまっていました。

「ウィローは生き続けるために砂利を食べていたと思われます。彼女の胃の中に食べ物は全くなかったのですが、胃や消化器官につまっていた土や砂利で消化不良にもなっており、それによる腹痛にも苦しめられていたのです」

出典 http://www.vancouversun.com

出典 http://www.vancouversun.com

少しずつ回復してきたウィロー。

虐待犯が判明

ほどなくして、ウィローをこのような残酷な目に会わせた犯人が判明。ウィローのことをニュースで見た人が、近所の人が飼い主であることを通報したのです。犯人はキットコラム在住の20代のサイモンフレーザー大学の学生でした。

彼は動物虐待の罪に問われています。約2000ドルの罰金と10年の動物飼育禁止の保護観察処分を受ける可能性が高いです。ぜひ厳罰に処してもらいたいものです。

順調に回復し散歩も楽しめるように

ウィローは順調に回復し、散歩もできるようになりました。ウィローを助けたトゥルノーさんが里親になることを希望しているそうです。もし里親になれたら、トゥルノーさんはウィローといっしょに湖に行ったり、キャンプ旅行やハイキングに行きたいそうです。

ウィローは今度こそ幸せになれるでしょう。

「ウィローにセカンドチャンスをあげることができてうれしい」とトゥルノーさんと一緒にウィローを助けたルフェーブルさんは話しました。

出典 http://globalnews.ca

捜査権を持ったSPCA

SPCA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals動物虐待防止協会)とはその名のとおり、動物の虐待防止、動物保護活動を行う団体です。各国にありますが、カナダのSPCAは民間団体でありながらかなりの力を持った団体です。

カナダも西欧と同じように動物愛護の精神がかなり高い国です。SPCAは民間団体でありながら、動物虐待防止や保護のための捜査権などを持っているのです。州などの行政からその権利を与えられています。


ちゅうちょなく助けられるのはSPCAがあるおかげ

道端で困っている動物がいたとして、なかなか助ける人はいないと思います。日本は余計そのような傾向は強いと思います。日本に比べるとカナダではSPCAのような絶対的に頼れる機関があるために、保護や動物虐待の通報がしやすい環境にあるのです。

日本にもSPCAはありますが、残念ながらカナダのような捜査権など、もちろん保有しておりません。日本では動物虐待の通報、保護、捜査は保健所や警察になるのですが、なかなか動いてくれないのが現状です。行政機関にお墨付きをもらって活動しているSPCAがあるカナダは本当にうらやましい限りです。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

ゆっくり、ゆったり暮らすが目標。
動物保護ボランティアをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス