出典 YouTube

6月13日より劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』が公開されました。そして、公開2日で興行収入4億円を記録する大ヒットを記録し、興行収入ランキング1位を獲得しました。

プロジェクト始動から5年。『ラブライブ!』がここまで躍進をしたきっかけはなんだったのか?

『ラブライブ!』概要

KADOKAWA/アスキー・メディアワークスが発行する美少女総合エンタテインメントマガジン『電撃G's magazine』、アニメ制作会社サンライズ、音楽会社ランティス(担当プロデューサーは斎藤滋、木皿陽平)の三者による合同プロジェクト。

スクールアイドルグループ「μ's」の普段の様子やストーリーを『G's』誌上にて展開しつつ、サンライズの制作によるPVを収録したDVD付きの音楽CDを販売するという、それぞれの会社・雑誌の特色を生かした分業体制を取っている。

2010年初頭に誌上企画が開始され、2010年8月13日にファーストシングルCDが発売された。

出典 https://ja.wikipedia.org

電撃G's magazine

出典 http://news.lovelive-anime.jp

1stシングル 『僕らのLIVE 君とのLIFE』

出典 http://www.e-onkyo.com

合言葉は『みんなで叶える物語』

『ラブライブ!』を語るうえで外すことのできないのが『みんなで叶える物語』という合言葉です。

スクールアイドル『μ’s』として活動していくことはいつも誰かに支えられていること、そしてみんなに応援してもらっているなどの理由から『μ’s』のキャッチコピーとなっています。

『G's』で行なわれて来た読者参加企画に倣い、従来のアニメやゲームでは実現されがたい、ユーザーの声を積極的に取り入れる要素を内包している。ユーザーの声は、ユニット名の公募や、投票などによって作中で結成されるミニユニットのメンバー構成・PVにおけるセンターポジションやイメージガールを決定するかたちで反映される。

出典 https://ja.wikipedia.org

まさに読者が参加して育ててきたコンテンツであるということも『みんなで叶える物語』という合言葉がピッタリですね。

ストーリー概要

国立音ノ木坂学院を閉校の危機から救うため、高坂穂乃果は剣道部の活動に打ち込んでいた。しかし大会で優勝しても、状況が好転するほど大きな話題にはならなかった。失意の穂乃果は秋葉原を訪れ、音ノ木の生徒数減少の一因である最新校・UTX学園を目にする。

同校の擁する校内アイドル「A-RISE」に魅了された彼女は、音ノ木の知名度を上げるため、剣道部を辞めて自分もアイドルになると言い出す。幼なじみの南ことり、後輩の星空凛と彼女に引っ張られてきた小泉花陽がすぐに賛同した。同じ剣道部だった園田海未は穂乃果の変心を責めたが、彼女が真剣であることを見て取ると、自らも仲間に加わる。

しかし彼女たちにとっての最後のチャンスと言うべき、全国アイドルクラブコンテスト「ラブライブ!」に参加するためには、9人の部員と顧問をそろえて正式な部活を発足させねばならなかった。

出典 https://ja.wikipedia.org

こちらは漫画版第1巻のあらすじです。

国立音ノ木坂学院の廃校計画が、理事長によって発表された。2年生の高坂穂乃果は親友の南ことりや園田海未と考えを巡らせるが、名案は浮かばず、妹の雪穂の反応も冷たい。そんな折、穂乃果は学校が擁するアイドル「スクールアイドル」が全国的に流行していることを知り、それを自分達で行なおうと決める。

何とかことりと海未で活動を始めるが、生徒会長の絢瀬絵里は「学校のために部活動をやるべきではない」と反対する。新入生歓迎会の直後に行なったファーストライブも、客は手伝ってくれた友人の他、アイドル好きの小泉花陽、花陽の友人の星空凛、作曲を担当してくれた西木野真姫、アイドル志望の矢澤にこ、副会長の東條希、そして絵里だけと、散々たる結果だった。

それでも穂乃果は、学校を守りたいという使命感だけではなく、歌やダンスを人前で行うことへのやりがいと誇りを感じ、ライブで感じた楽しさをより大勢に伝えたいという想いを口にする。

出典 https://ja.wikipedia.org

こちらはテレビアニメ1期のあらすじです。

漫画版とテレビアニメ版の共通点として音ノ木坂学院を廃校から救うために「スクールアイドル」として活動し、入学希望者を増やしたいと考えることからストーリーは始まります。

最初から人気コンテンツではなかった。

今でこそ2日間で興行収入4億円をたたき出すキラーコンテンツとなりましたが、発表当初ユーザーはかなり冷ややかな目でこの企画を見ていました。

売り出し方を完全に誤った感じだな まずはGsマガジンでストーリー、キャラ紹介やCV発表を半年くらいかけてやってCDやアニメはそれからでよかったのに…

PV小出しにしてコミケでCD販売、人気投票でセンターを決めるとかいきなりやられてもどこで盛り上がれと?

出典 http://www.logsoku.com

あの絵と簡単なキャラ紹介だけで人気投票やるのか

出典 http://www.logsoku.com

ひょっとして声優は養成所通いの新人とかか?

出典 http://www.logsoku.com

肝心の声優に問題があるのにサンライズ入ってるし後には引けない、どうすんのこれ?

出典 http://www.logsoku.com

全員分の自己紹介来たけど有名声優一人もいないな てか脚本がクソすぎて震えが止まらん・・・

出典 http://www.logsoku.com

テレビアニメ1期が発表された時の反応はかなり冷たいものでした・・・。

リア充釣るにはキャラが痛々しいし、アニオタ釣るにはキャラデザが古臭いし、声豚釣るには名前が弱いし…

一体…!一体何が目的なんだっ!!

出典 http://www.logsoku.com

まあコケ確実でしょ 顔出しで間違えてキャラデザ髪変えるだけで特徴無し 誰向けに作ってるんだか・・・

出典 http://www.logsoku.com

きっついなこれ 声優の演技もアレだけど、そんなのどうでもよくなるくらい内容が酷い

出典 http://www.logsoku.com

ご覧の通りなかなか受け入れられないという方が多数いらっしゃいました。では、当初ここまで酷評を受けた『ラブライブ!』が巨大コンテンツと成り得た要因はなんだったのか?

その一つがこちら・・・

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』

スマホアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』が2013年4月15日にiOS版が2013年6月6日にAndroid版が配信されました。2015年5月30日でユーザー数国内1000万人&全世界1500万人を記録しました。

『μ’s』が歌う楽曲に合わせてアイコンをタップするリズムアクションゲームです。これが幅広い層に人気となります。このゲームをきっかけに『ラブライブ!』を知り、楽曲にハマり、そのままファンになったという方が多いようです。

楽曲の良さに惹かれる人が多い

『ラブライブ!』楽曲の良さが人気を牽引していると思います。

劇場版・劇中歌『Angelic Angel』

出典 YouTube

曲もいいですが、キャラクターの表情や動きが可愛いですね。

声優が魅せるパフォーマンス

『ラブライブ!』の特徴はなんといっても声優さんが魅せるライブパフォーマンスです。アニメ内のPVを忠実に再現したダンスに生歌のライブはとてもクオリティが高いです。

2014年、2015年とさいたまスーパーアリーナで2日間の単独公演を行っています。

出典 YouTube

2014年のライブ映像です。パフォーマンスもすごいですけど、ファンの盛り上がりもすごいですね。

【ネタバレ注意】『ラブライブ!』をてっとり早く見てみよう。

ここから先はネタバレを含みますので、まだ見ていない人や、ちゃんと最初から最後まで見たいという人は閲覧を控えてください。

『ラブライブ!』を見たいけど時間がないからサクっと知りたいという方はどうぞ。

30分でわかる!ラブライブ!テレビアニメ1期

出典 YouTube

30分でわかる!ラブライブ!テレビアニメ2期

出典 YouTube

劇場版の公開に先駆け公開されたこれまでのテレビアニメの総集編です。これではよく理解できないという方は是非DVD等をレンタルしていただければと思います。

2期11話で私は号泣しました・・・。

ここ2、3年の人気ぶりを見ると今後も広がりを見せそうですね。声優さんの活躍と共に期待したいと思います。

芸能人でも好きな人が多い

芸能人でも『ラブライバー(ラブライブを好きな人のこと)』を公言している芸能人が多数います。

中川翔子さん

出典 http://ameblo.jp

この方は『ラブライブ!』に限らずアニメ・ゲーム等が大好きなのは周知の事実ですね。

しょこたんはまきちゃんとにこちゃん推しのようです。

松井玲奈さん

出典 http://tono.hatenablog.com

SKE48の中心メンバーの一人ですね。

Kis-My-Ft2 宮田俊哉さん

宮田さんは6月6日・7日に池袋サンシャインで開催された『スクフェス感謝祭』にも参戦するほどのラブライバーのようです。

松澤千晶さん

出典 http://www.tbs.co.jp

フリーの女性アナウンサー。『有吉反省会』等に出演しています。

松澤さんはことりちゃん推しみたいです。

他にはこんなところでも盛り上がってました。

第91回箱根駅伝で5区を走った中央学院大学の及川佑太選手は自身を『箱根のラブライバー』と公言していて、ラブライバーからの熱い声援を受けて区間3位の快走を見せました。

ゴールに自身の推しキャラ「南ことり」ちゃんがいると思えると頑張れると話していました。ゴール後、及川選手は「ゴールにことりちゃんがいましたかと聞かれますが正直に答えます。僕にだけ見えました」と回答しています。キャラクターへの愛を感じますね。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス