たくさんの紙幣を数える場合、↑のように『縦読み』と呼ばれる数え方をする人が、ほとんどだと思いますが…

中国で少し前にアップされた紙幣の数え方。これがあまりにも斬新であり、数えるスピードも速すぎる!と話題になっていたので紹介したいと思います。

では早速ですが、その方法を説明致します。まず、紙幣を半分に折り、↑のような握り方をして下さい。

出典kota60

絶望的に下手くそな絵ですが、人差し指の先で、紙幣を押し出すという動きがとても重要になってきますので、ここはしっかりと把握して下さい。(緑の部分は紙幣で隠れていますが、裏側ではこのようになっていると思われます。)

さて、肝心の数え方ですが、親指を前に押し出すような感じで…

一枚目をカウントし…

今度は人差し指を使って

“内側”に紙幣を滑らし2枚目をカウントします。

続く、中指や薬指も同様に

内側に滑らせてゆき…

小指まで滑らせれば、5枚のカウントが終了!

あとは同じ手順の繰り返しなので、親指を立て…

一連の動作を繰り返せば、何枚でも、なんなく数える事が出来ます。では、習得すれば絶対にカッコイイ紙幣の数え方。動画にてご確認下さい。

出典 YouTube

これは速い!

途中でわからなくなっても、指を数えれば現在、端数が何枚目かわかるという素晴らしき特性を持ったこの数え方。習得はかなり難しいと思いますが、習得すれば絶対に注目されることは間違いないので、この機会に練習してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス