記事提供:カラパイア

アメリカ、イリノイ州の殺さない動物保護施設「ホームワード・バウンド」は、「コニー・ヨガスクール」と提携し、保護された猫たちをヨガレッスン中にホストとして教室に送り込んだ。

生徒たちは自由気ままに動き回る猫たちと共にヨガをすることができる。また、気に入った猫がいれば、家族として向かい入れることもできるという。

運動嫌いの私だが、この教室なら通える!3日以上通えると確信した。

コニー・ヨガスクールのオーナー、コニー・ピーズは大の猫好き。「猫と触れ合うことでヨガの持つ治癒力もアップする。さらに猫たちも家族を持てる可能性があがる。こんな素晴らしいことはないわ」と語った。

最初にホストとして保護施設からやってきたのは6匹の成猫。彼等は生徒たちの間をスルリと潜り抜けたり、ゴロゴロと甘えたり、邪魔をしたりアシストしたりと、とてもフレンドリーな働きを見せた。

生徒の1人はこの猫ちゃんたちの為にと6万円(500ドル)を寄付したという。そしてなんと、そのうちの1匹は1人の生徒が里親を申し出て、家に迎えられたという。

保護されても子猫の場合はすぐに引き取り手が現れる。だが成猫となるとなかなかに困難だ。でも成猫だからこその落ち着きや寛容がある。そしてヨガのよきパートナーとなる。

成猫に触れてもらうことでその良さを知ってもらう今回の試みは大成功に終わったようだ。

出典 YouTube

「ホームワード・バウンド」は今後も他のヨガ・スクールなどと提携し、この試みを続けていくという。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス