16日に行われたサッカー・ロシアワールドカップ・アジア2次予選。日本はFIFAランク154位のシンガポールと対戦。ボール支配率65%、シュートを20本以上放ちながら得点を決めることが出来ず、まさかの引き分け。

日本はFIFAランク52位。シンガポールは154位。FIFAランクを見ていると、格下と思える相手に引き分けたことで、「この結果!?」と驚いた方もいるのではないでしょうか?

シンガポールのシュタンゲ監督も驚いたのか…

「期待もしなかった結果にたどり着くことができた」

出典 http://www.nikkansports.com

と、このような発言を。

現地のメディアも驚いてるようで、シンガポールのメディアのサイトを見た方のツイッターによると…

引き分けという結果は日本側の様々な問題もあるかもしれませんが…大きかったのはシンガポールのゴールキーパー・イズワン・マフブド選手の好守備だったと思います。

出典 http://www.goal.com

イズワン・マフブド選手

シュタンゲ監督もそれを認めていて…

シュタンゲ監督は「予想もしていなかった結果を手に入れた。(イズワンには)いつか日本のクラブからオファーが来るかもしれない」とご機嫌で、祝杯用に記者会見場からスポンサー提供のビールを持って引き揚げた。

出典 http://www.nikkansports.com

日本代表のハリルホジッチ監督も…

「きょうは、ゴール前で慌てたこと。あとは少しの運。向こうのGKも褒めないといけない」と好セーブを連発した、シンガポールのGKイズワンの健闘もたたえた。

出典 http://www.sanspo.com

と、好守を認めています。

日本を相手にスーパーセーブを連発していたイズワン・マフブド選手。どういう選手なのでしょうか?

当たり出すと止まらない選手

イズワン・マフブド選手はマレーシア・スーパーリーグ・ライオンズXII所属。

クラブの公式サイトのプロフィールによると、1990年7月14日生まれの24歳。身長183センチ・体重は77キロと記されています。

キーパーとしてはそんなに身長が大きい選手ではありませんが、シュタンゲ監督によると…

元ストライカーでリアクションが速い。

出典 http://www.daily.co.jp

ということで、元は攻撃の選手だったようです。

そんなイズワン・マフブド選手が、どういうタイプの選手か説明している日本の方が…

是永さんはJリーグ・新潟アルビレックスの下部組織で、シンガポール・Sリーグに参加しているアルビレックス新潟シンガポールのチェアマン兼CEO。そのためか、イズワン・マフブド選手のことをよく知っていたんですね…

そして、こんなことも。

とのことで、日本代表はイズワン・マフブド選手がどんなシュートも防いでしまう大当たりの日に当たってしまったということでしょうか。

イズワン・マフブド選手本人は試合をどう感じたのか?

監督、関係者だけでなく、ネット上でも賞賛されたイズワン・マフブド選手ですが、
本人は日本と試合をして、どう感じていたのでしょうか?

「本田や香川はテレビで見ていた選手。憧れていたし、対戦したことは僕にとって大きな誇りだ。シンガポールにとってこの引き分けはミラクルで、僕たちが努力をした結果だよ」と、喜びを語っている。

出典 http://www.footballchannel.jp

会心の出来でもイズワンは謙虚な心を忘れない。「自分が無敵だとは考えていなかった。ご覧の通り日本が45分間ずっと攻めていたしね。まずはすべてのシュートを全力でセーブしようとした。チームの努力がすべてだった。僕にとって良い日になったよ」と守備陣の奮闘を称えている。

出典 http://www.footballchannel.jp

格上相手のプレーで大きな自信を手にしたイズワンだが、ここで浮かれることはない。W杯出場について考えるのは時期尚早とし、「独り善がりになってはいけない。予選は長いし、次のシリア戦もタフな試合になるだろう」と気を引き締めた。

出典 http://www.footballchannel.jp

「日本相手に引き分けは奇跡のようなもの。今日は僕の日だった」と笑った。

出典 http://www.nikkansports.com

いたって冷静で謙虚だと思える発言が多いですね。こういう姿勢が引き分けという結果を呼んだのかも…

最後に。シュタンゲ監督が「いつか日本のクラブからオファーが来るかもしれない」と語っていましたが、ツイッターでこんなツイートが…

もしかしたら将来、日本のクラブでゴールを守っている姿が見れるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス