下がった目じりと優しい笑顔が印象的な俳優・小日向文世さん。

その笑顔が役によって善人にも悪人にも変化する様子は、まるで同一人物とは思えません。

1954年1月23日生まれ、北海道出身。O型。1977年、劇団『オンシアター自由劇場』に入団。舞台を中心に活動していたが、2001年放送のフジテレビ系ドラマ『HERO』に出演し人気を集める。以降、芸能界において欠かせない俳優の一人に。

出典 http://www.oricon.co.jp

ちなみに、身長164cmと小柄ですが、演技力の幅には驚かされるばかり。芸歴はなんと38年の大ベテランです。

俳優、小日向文世の演技力とは?

出典 http://www.oricon.co.jp

善人から悪党まで両極端の役を演じ分ける演技は、怖いくらいに別人の目付きになります。

善人を絵に描いたような顔が、別の作品では凍りつくほどおっかない悪党に見える。小日向文世(61)、日本のエンタメ界を支える名優の一人だ。

「仕事が来れば善人でも悪人でもどちらもやりますって、役者なんだから(笑)」と何でもないことのように笑う。

「俳優もたくさんいますからね。その中で、両極端のいろいろな役がくるのはありがたいことです。同じ役をシリーズで演じ続ける以外は、基本的にどれも違うので、やってて面白いですよね」と充実した表情を浮かべた。

出典 http://www.oricon.co.jp

小日向文世の悪役がハンパない!

出典 http://newslounge.net

あの穏やかな笑顔からは想像が付かない強面です。

「普段温厚な人ほどキレると怖い」と言われていますが、それを完璧に演じるのが小日向文世さん。

へらへらして頼りなかったり、気味が悪いほど不気味だったり、いろんな演技を巧みに操る役者。朝ドラでは、ビシバシと物をはっきりいう役柄がピタリと嵌っている。本格志向が強くスキがない。演じる幅のとても広い本物の役者で間違いないだろう。

出典 http://drama.nagoya

こんなに怖い顔を見ると、「本当は悪い人なのかな?」と、思ってしまいますね。

その素顔は…

出典 http://www.oricon.co.jp

休日は家にこもって観葉植物の水やりや淡水エビの飼育に時間を費やす。高校生と大学生の息子とは寝る前と出かける前に必ずハグ。奥さんにも毎日“行ってきます”のキスは欠かさない。もちろん唇にだ。

「女房へのキスは結婚して21年ずっと続けています。家を出る時、飼ってるトイプードルと一緒に、チュッチュッて(笑)」

出典 http://www.news-postseven.com

奥様への毎日のキスは、21年間欠かさないそうです。とっても愛妻家なんですね! やっぱり優しい素敵な方で、安心しました。

インタビュー中の小日向は、終始、恵比寿顔。

「神様は乗り越えられない試練は与えない、ってよく言うじゃない?全部自分のためになると思えれば前向きになれる。ネガティブなことより、楽しいことをいつも考えて、できるだけ笑っていようと思っているんですよね。」

その笑顔がさまざまな役を引き寄せる。

出典 http://www.oricon.co.jp

おまけ:若いころの写真は堺雅人にそっくり!

出典 http://trend-now.hatenablog.com

堺雅人さんご本人と錯覚してしまうレベルです。

2人並ぶと…

出典 http://p.twipple.jp

やはり、人柄が良さそうな優雰囲気や顔のパーツが似ているんですね。

何年か前にやってた『トライアングル』というフジ系の連続ドラマの中でも、小日向さんの「(堺さんと)オレ、似てるでしょう?」とかいうセリフがありました。

お二人が共演されたドラマで、刑事役の小日向さんが、同僚刑事?(ちょっと忘れました)の人に放ったセリフです。
 
以前から似てるなぁ、とは思ってましたが、ドラマのセリフにも使われるくらいだから、結構みんな思ってたんですね。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

もしかしたら、そのセリフはアドリブだったのかもしれませんね。

頼りないお人よしな役柄をはじめ、「こんな人が身近にいたらどうしよう!?」と、観ていて恐ろしくなってしまう位の悪役をこなしてしまう、小日向文世の演技力の奥深さと引出しの多さはこれからも私たちを楽しませてくれそうです。

そして、これからも目が離せない…目を離したくない俳優なのです。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

様々な視点から記事を書いていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス