◆ 名古屋名物、ういろうってご存知ですか?

出典 http://miyage.xtone.jp

突然ですが、筆者は東海地方出身です。実家に帰省した際、たま~に名古屋名物のういろうをお土産に買って帰っていたのですが、いまいち反応が薄い…(笑)。羊羹みたいで美味しいのになあ、と個人的には思っているのですが、お土産としてはクッキーやスナックなどの方が今風で喜ばれるみたいです。

そこで、そんなういろうの魅力を是非知って貰いたく、ういろうの秘密をまとめてみました。まだ食べた事がないよー!って方や、食べた事あるけど別に好きじゃないって方も、今一度ういろうの魅力について是非知ってあげてください。

ういろうは、典型的には米粉などの穀粉に砂糖と湯水を練り合わせ、型に注いで蒸籠で蒸して作る。穀粉には米粉(うるち米、もち米)、小麦粉、ワラビ粉などが用いられ、砂糖には白砂糖、黒砂糖などが用いられる。小豆あん、抹茶など、さまざまなものが加えられることも多い。室町時代のころから存在する黒砂糖を用いた「黒糖ういろう」が本来の姿と考えられている。 ちなみに、「ういろう」や「外郎」は普通名詞であり、発祥に関わりない第三者による商標登録も認められている。

出典 https://ja.wikipedia.org

Q:ういろうの名前の由来は?
A:およそ600年前の中国が元の時代、礼部員外郎(れいほうえんういろう)という薬の調達をする官職にあった陳宗敬(自ら陳外郎と称した)が、日本に帰化し、せきや痰に効く薬を伝えました。
その子宗奇は室町幕府三代将軍の足利義満に招かれこの家伝の薬を作り「透頂香」あるいは「ういろう」と呼んだ。また、客を接待するためにお菓子の製法も伝えましたが、それが黒色・四角で「透頂香」と似ていたところからお菓子の方も「ういろう」と呼ばれるようになりました。

出典 http://www.aoyagiuirou.co.jp

「ういろう」は普通名詞ですが、お店によっては「ういろ」「外郎」と商品名に違いがあるみたいですね。名古屋を中心とした、美味しいういろうを作っているメーカーさんをいくつかご紹介します。

◆ 青柳ういろう

出典 http://www1.enekoshop.jp

東海地方に住んでいるとローカル番組でよくCMが流れているので、知らない人はいないんじゃないか?というくらい定番のういろうメーカーです。小学校の時の社会見学で工場を見に行った記憶があります(笑)。

出典 http://www.aoyagiuirou.co.jp

青柳 生ういろう(宇治しぐれ 黒糖 栗 こしあん)…各1本  519円

出典 http://www.aoyagiuirou.co.jp

青柳 塩ういろう(ジェイアール名古屋タカシマヤ 限定商品)…648円
愛知県産コシヒカリを用いた米粉、純度が高く上品な甘みが特徴の白双糖、自然のミネラルを豊富に含んだ沖縄・久米島の天然塩を使用した「塩ういろう」です。
原材料にこだわり、手間ひまかけた少量生産の手造りういろうです。

出典 http://www.aoyagiuirou.co.jp

季節限定の生ういろう「星の宴」450円
七夕の夜空をイメージした生ういろう「星の宴」の販売がスタートします。
もっちりとしたもち米の食感と、金時豆、手亡豆、ひよこ豆、青えんどう豆の、ふっくらとしてなめらかな舌ざわりが特徴の季節限定のういろうです。

◆ 虎屋ういろ

出典 http://www.torayauiro.co.jp

虎屋ういろは創業大正十二年、伊勢名物の和菓子 ういろの製造販売を行うメーカーです。都内では池袋東部にしか販売店舗がありません。また、羊羹で有名なあのとらやとは異なりますのでご注意を。
季節限定のういろも含めるとかなり種類が豊富で、他店では見かけない変わったフレーバーが揃っているのも面白いです。都内でういろが買える貴重なお店なので、しょっちゅうチェックに行っています。

出典 http://www.torayauiro.co.jp

バレンタインういろ(春限定)
チョコレートのういろの間に、アーモンドダイスをはさみ白とラズベリーのハートを並べました。

出典 http://www.torayauiro.co.jp

スイカういろ(夏限定)
スイカ果汁を使用したういろに種に見たてた小豆を散りばめました。

出典 http://www.torayauiro.co.jp

焼芋ういろ(秋限定)
焼芋のういろの上に細かく切ったさつまいもを散りばめました

◆ 株式会社ういろう

出典 http://www.uirou.co.jp

ういろうを製造しているメーカーを探していて辿り着いたメーカーさんですが、詳細はちょっと不明…。名古屋が拠点のメーカーばかりと思っていましたので、小田原の銘菓にもなっているとは知りませんでした!

◆ 大須ういろ

出典 http://www.omiyagepark.com

大須ういろは、名古屋は大須の「大須観音」の門前町にて営業を開始して以来、「ういろ」づくりに励んでおります。「ういろ」に「こしあん」を加えた当社独自の商品「ないろ」を始め、他にもさまざまな工夫を重ね、今後も皆様に喜ばれるお菓子づくりを続けてまいります。

出典 http://www.omiyagepark.com

味噌ういろ…324円
赤味噌を丁寧に練り込み「味噌ういろ」を謹製いたしました。どこか懐かしい「あまから風味」をお楽しみ下さい。

出典 http://www.omiyagepark.com

一口ういろ 5個入…486円
おなじみの「ういろ、ないろ」を一口サイズにパックしました。「白、茶、桜、ないろ」四種類のお味です。

出典 YouTube

◆ では、ないろう(内良)ってどんなもの?

出典 http://www.omiyagepark.com

ういろは今から六百余年前に、今の中国から日本へ伝来した米粉と砂糖だけで作られたお菓子で、伝えた人が礼部員外郎職という官職にあったことから、その名が付けられました。それに対してないろとは、名古屋へ伝わって約三百年のういろに、軽い羊羹の味(こしあん)を加味した大須ういろの専売品との事。

「ういろ(外良)」「ないろ(内良)」
と書くことから、縁起ものといたしましても大変喜ばれています。つまり、「ういろ」の味にこし餡を加えたのが「ないろ」で、普通名称ではなく大須ういろだけの専売品なんですね。

出典 http://www.localplace.jp

「ないろ」はういろうと羊羹の中間といった感じです。ういろうの特徴である米粉と砂糖を主原料に、もちもちした独特の食感は残しつつ、羊羹のような味がします。ういろよりは甘いが、でも羊羹よりは甘さが控えめなので食べやすい。
ないろは子供の頃にもしかして食べたかも知れませんが、あまり記憶がないんですよね…今度実家に帰省した際はういろとないろ、食べ比べをしてみたいと思います!

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス