自分に似合う、ヘアカラーが知りたい。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

このように思ったことはありますか。

メイクやファッションと同様に、ヘアカラーにも、「似合う」「似合わない」カラーというものがあります。オシャレな人がさりげなく取り入れている、似合うヘアカラーの選び方を今日はご紹介します。

その1:お肌の色は、イエローベースかブルーベース。どちら?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

自分のフォーシーズンカラーを知ることが、似合うヘアカラーを知るための第一歩でしょう。まずは、お肌の色をチェック。お肌のベースは、自分で診断しても間違いが少ないでしょう。

フォーシーズンカラーは、その人自身が持つ、肌・髪・瞳(虹彩)・頬・唇の色を元に判断をします。この5つの部位がそれぞれどのような特徴を持っているか4タイプの中から選択し、最終的に出た5つの答えから、ウォーム/クール・ハード/ソフトの偏りを見ることで、シーズンカラーおよび、それに付随するパーソナルカラーを暫定します。

イエローベースの特徴は、こちらです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

シーズンカラーが、「スプリング」と「オータム」タイプの人です。お肌の色は黄味に寄っています。ピンク系ファンデーションやピンク系や真っ白いハイライトをつけると顔色がくすみ、日焼けをすると小麦色に焼けるタイプです。目の色・髪の色も、やや黄色寄りのブラウンをした方が多いです。

ブルーベースの特徴は、こちらです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

パーソナルカラーの「サマー」と「ウィンター」タイプの方が、ブルーベースになります。お肌の色は子供のころから「色白ね」と言われてきたような色白な方。または、ピンク系からやや赤みの強いタイプの方です。日焼けをするとお肌が真っ赤になり、それが引くとまた白く戻るタイプ。

目の色は黒か濃い紅茶のような、赤を感じる黒。髪の色は黒、白髪になるとシルバーグレーになるタイプ。カラーリング無しでも重く感じず、染めても赤系までなら落ち着き、茶髪にするとかなりの違和感があるタイプです。

でも、自分で判断をするのは難しいですよね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

似合うヘアカラーは、フォーシーズンカラー、パーソナルカラーを元に決めるのが一番とはいえ、自分で細かく判断をするのは難しいものです。そんなときはプロの手を借りましょう。

一度似合うカラーが分かれば、ヘアカラーはもちろんのこと、メイク、ファッションなど、様々なシーンで活用することができます。

パーソナルカラーは、メイクをしていないお顔の下にドレープをあてて、診断をします。

出典 http://ameblo.jp

こちらは私がパーソナルカラー診断を受講した際の画像です。このように1つ1つ、ドレープをあてていくことで、似合うカラーを探していきます。

フォーシーズンカラーは、沢山のカラーをあてなくても判断することができますが、パーソナルカラーは、該当のシーズンカラーのドレープをあてて、その中でも似合う色、そうではない色を分けていく必要があります。

カラーを知って、もっとオシャレをたのしもう!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いま、多くの方がたのしんでいるヘアカラー。

カラーは、ほんの少し変わるだけで、重くなったり軽くなったりと、印象を大きく変えることができます。ぜひ、似合うカラーを知って、ファッション、オシャレをもっとたのしみましょうね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス