記事提供:cataso

毎日使う台所、特に流し周りはしょっちゅう使う所だから、簡単にキレイになるようにしておけば、気持ちよく使えるはず。

片付け作業が億劫になってしまってなかなかキレイにできない…という状態になる前に、使い方をちょっと見なおしてみましょう!

実は、わたしはとっても掃除がキライです。掃除をなるべくしないで済ませるために、実践していることをまとめてみました。

毎日、台所に少しだけ手間をかけてあげる。それだけで、いつの間にかキレイが保たれる場所が増えてきます。

いつの間にかキレイになる、その状態をわたしは「“かたづけこびと”が現れる」と呼んでいます。この“かたづけこびと”を呼ぶ、台所の流し周りがキレイになる仕組み作りをご紹介します。

■1. 排水溝のゴミ受けは浅めにしておく

流し周りで一番気になるのが、排水溝のゴミ受け。ゴミ受けをキレイに保っているかどうかで、流しのスッキリ感が違います。

ゴミを溜めたままにしておくと、臭いがしたり排水の流れが悪くなったりと、良いことは一つもありませんよね。

いっそのこと、ゴミ受けを浅い形のものにして袋もなくし、流しを使うたびにゴミをさらってゴミ受けまで洗うようにするだけで流しの汚れは本当に少なくなります。

毎回洗うので、お皿用と流し用にスポンジを分ける必要がなくなります。

ゴミ受けを二つ用意して、毎回洗って乾かすようにするといいですよ。

■2. 排水溝のフタは使わない

ゴミ受けがいつもキレイになっていれば、あら不思議、排水溝のフタは不要になります。真ん中から切れ目の入っているフタの菊割れ部分が、ヌルヌルしていて洗うのが嫌だなあ…という思いをしなくてよくなりますよ。

■3. 洗い桶は置かない

食器を洗う時に、洗い桶を使う必要って実はそんなに無いのです。

お茶碗にごはんがこびりついて…と言うことでしたら、お茶碗に水を入れて流しに数分置いておけば大丈夫。

ふちの所にごはんがくっついて取れないという場合は、その時だけ大きめのボールに水を張って浸け、終わったらボールも洗って収納。そうすれば流しはいつも広々使えますよ。

■4. 三角コーナーを使わず新聞紙で

生ゴミはできるだけ水分をなくして捨てると、臭いません。そう考えると、流し内に置くタイプの三角コーナーは、水がかかりやすい為あまりお勧めできません。

濡れない場所に生ゴミ置き場を作ってあげると余計な水分がかからず、臭いにくいのでおススメです。

我が家では、流し横の作業台に生ゴミを入れる小さいカゴを置いています。このカゴには新聞紙を半切4つ折りにしたモノを敷いて、野菜くず等を入れるようにしています。

調理が終わったら、排水溝のゴミも一緒に入れ、もう一枚の半切の新聞紙でくるくるまとめて、大きいゴミ箱にポイと捨てています。流しに生ゴミがないのは快適ですね。

■5. 洗った食器は、洗いカゴ→一時置きスペースで効率の良いリズムを作る

洗いカゴに洗ったものを置きっぱなしにしておくと、流し周りがキレイに見えませんよね。洗いカゴに食器が入ったまま、次の食器を洗い、その上に置いてしまうとせっかく乾いた食器がまた濡れてしまうという悪循環にもなります。

洗いカゴに入れた食器はそのままにせず、ある程度水切りができたら、適当なスペースに布巾を敷きその上に並べておけば、あとは自然に乾くのを待つだけです。

我が家は、流し近くにオープンタイプの食器棚を置いていますので、その上に一時置きのスペースを設けています。

ある程度水気が切れた食器は、一時置きスペースに移動させ並べておきます。

このような仕組みを作っておくと、洗いカゴに食器があったら一時置きスペースに移す、一時置きスペースに食器があったら定位置にしまう、洗いカゴが空いたらお皿を洗う、というリズムができてきますよ。

面倒なことがキライだからこそ、簡単な仕組みづくりや毎日のリズムが大切です。最初は少し敷居が高いと思われるかもしれませんが、できるところから始めてみませんか?ぜひあなたのお宅にも、“かたづけこびと”が現れますように。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス