記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。

胸が大きい、というと一般的には女性らしくセクシーといったよいイメージがありますよね。 でも実際には、胸が大きすぎることで悩んでいる方も意外と多いのです。

その理由は、バストばかりが目立ってしまい恥ずかしい、流行の服が似合わない、といった見ための問題に加えて、肩こりがツラいといった体のトラブルも……。今回は、そんなバストと肩こりの関係いついて、お話を伺いました。

■ 胸が大きい=重たい。だからこる!?

あくまで参考値にはなりますが、一般的にいう小さ目のバスト、例えばAカップであれば、片方が70g程度といわれているので両方で140gということになります。

一方、自他ともに認める巨乳、例えばFカップの胸の場合には片方で810g、じつに左右で1.5kg越え!サイズによって重さがかなり異なるので、肩がこるのも当然といえそうです。

実際、胸を支えている大胸筋が重みに引っ張られてしまうこと、それにつられて肩の部分にある僧帽筋も引っ張られる形になることから肩こりを起こすことが知られています。

つまり、骨格、筋肉量などその他の条件が同じなら、胸が大きい=重いほど肩が凝りやすい、とい考えても不思議ではありません。

■ 実はブラジャーに原因があった!?

ただ、巨乳すぎて僧帽筋まで引っ張られてしまうような女性は、それほど多くありません。

じつは、大きな胸そのものが肩こりの原因になっている、というよりはブラジャーの形や肩ひもの調節がうまくいっていなかったり、胸が大きいことが目立たないように猫背気味になっていることで肩こりを起こしていることの方がはるかに多いのではないかと考えられています。

■ バスト由来の肩こり解消法

こういった場合に、対策として考えられることは、まず胸の形、大きさに合ったものでできれば胸の重みが分散するもの、太めの肩ひものブラジャーを着けること。また、姿勢を良くすることや、胸を支える大胸筋などの筋トレをすることも肩こり改善効果があります。

■ 医師からのアドバイス

胸の大きさにコンプレックスを抱くあまり、猫背になってしまってはかえって体の負担です。胸を張って、堂々とする。そして、ブラジャーのサイズや形を見直して、肩こりに別れを告げて! そして、思いっきり夏ファッションを楽しみましょう。

(Doctors Me 医師監修コラム)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス