記事提供:カラパイア

今海外のネット上にて話題を呼んでいるのが、英国、バッキンガムシャーにお住いの、シベリアンハスキーのアヌコ氏(オス)だ。触るものみな傷つけるめいた、悪人ヅラをしている。

だが彼がこんな形相になったのもわけがある。飼い主のミルトン、アリスバーリー(18)さんが、彼を人間不信に陥らせたのだという。

ミルトンさんはうつ病を患い、その直後、アヌコ氏を迎え入れた。

まだ幼かったアヌコ氏と、ボール投げ遊びに興じたわけだが、投げるふりをして投げないといったフェイク投げを繰り返した結果、「なんだよ、がっかりだよ」と、

その感情を顔面に押し出し、その結果こんな表情が定着してしまったのでは、とミルトンさんは考えている。

そんなアヌコ氏のムテキングな表情に、ミルトンさんの身も心も癒されていったそうだ。

「アヌコは私のヒーローなの。私をもう一度笑顔にさせてくれたもの」。ミルトンさんはそう語る。

アヌコ氏のその表情が受けて、ツイッター上では大いににぎわったそうだ。

とはいえ、ミルトンさんはアヌコ氏を虐待しているわけではない。両者はハスキーのドッグトレーニングセンターで訓練をし、仲睦まじくやってるそうだ。

アヌコ氏がもともと表情豊かだったのだろう。オコじゃないのに怒っているように見える顔をしていたのかもしれない。

小さいころから眼光は鋭かった。

大きくなったらさらに鋭くなった。

不機嫌そうに見えるかもしれないが、そう見えるだけで実際には楽しんでいるらしい。

そんな形相のアヌコ氏に、ミルトンさんは元気をもらったという。

感情をあらわにすることは決して悪いことではなく、笑いたい時には笑い、悲しいときには悲しみ、嫌なときには嫌な顔をしても、それは悪いことじゃないということをミルトンさんは学んだようだ。

そう、見かけじゃないのだ。どんな人間にもどんな犬にもギャップがある。

みんな違ってみんないいのだ。

そんなアヌコ氏に家族ができた。見事に3匹3様。

表情はまるで違うが、みんな仲良しだ。

ニヒルで渋くって悪人ヅラした優しいアヌコ氏のこれからを応援しよう!

出典

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス