梅雨が明けると、いよいよ夏本番。暑さで食欲がないときは、さっぱりとして喉越しがよい、冷たく冷やしたそうめんが大活躍します!

日本の夏を代表するそうめんですが、厚生労働省が定めた 日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量は 男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満とされていて、そうめんにつけるめんつゆ(3倍濃縮)には、100gに対し塩分9.9g、1人分のめんつゆにすると塩分3.3gと、意外にも多く含まれてしまい 塩分が気になるのも確か。

そんなそうめんに朗報!

『乳和食』を提案している雪印メグミルクが、塩分55%カットしたそうめんの食べ方を『ヒルナンデス』の人気コーナー、『ヒットの法則とことん調査するンデス!雪印メグミルク 前編』の中で 紹介していました!

牛乳で作る和食!?

牛乳を和食に取り入れるのが、今ブーム!?牛乳がコクのあるおいしい調味料になり料理に深みを与えてくれるので、減塩につながるそうです。

実際、番組の中で紹介されていた『ツナとトマトのミルクそうめん』。食べる前は「えー!?」「めんつゆにミルク?」と、ブーイング気味だった調査隊の面々でしたが、この日のゲスト浅香唯さんが試食したところ、「まろやか〜」と、かなりの好感触!

ツナとトマトのミルクそうめん

出典 http://www.meg-snow.com

ー材料(4人分)ー

雪印メグミルク…牛乳300ml

めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2

そうめん…300g

トマト…2個

ツナ缶詰(油漬)…2缶

しその葉…8枚

ゆで卵…2個

※1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlです。

出典 http://www.meg-snow.com

この日TVを観ていた筆者も早速、分量2人分で 昼食に作ってみました。つゆはかけても美味しいそうなので、ぶっかけに挑戦してみました!

1:材料を用意する

出典sachi

トマトは櫛形切りにカット、しその葉は千切りにカット、卵はゆで卵に、ツナ缶は シーチキンマイルドを使用しました。

2:牛乳とめんつゆを混ぜ合わせる

出典sachi

牛乳とめんつゆを混ぜ合わせ、ここでツナ缶も一緒に加えて混ぜ合わせます。

3:盛り付ける

出典sachi

器に茹でて冷水で締めたそうめんを盛り付け、上から2のめんつゆをかけてトマトを飾ります。

4:トッピングをしたら、出来上がり!

出典sachi

半熟卵としその葉をトッピングしたら、出来上がり!

さっぱりと食べられて、しかも牛乳効果でコクもあるので、満足感のあるそうめんでした!トッピングを変えたり つけ麺にしたりかけたりと、いろいろな食べ方も出来るので、レパートリーの一つに加えるのもありかも。

牛乳を使っためんつゆで、塩分控えめのそうめんを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

sachi このユーザーの他の記事を見る

お料理する事や、美容に関することが好きです。
お料理に関する事や、美容に関する事等、好きな事を記事にしていけたら、と思っています。
宜しくお願いします!

楽しく過ごせたら二重マル〜sachi's おうちごはん〜
http://ameblo.jp/sachi825/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス