記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。胃下垂、と聞くと、どんなイメージがありますか?食べると胃の部分ではなくもっと下が膨らむイメージのほか、「たくさん食べても太りにくくてうらやましい!」と感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ダイエット熱が高すぎて、「できることなら胃下垂になりたい!」なんて考える人も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、胃下垂はメリットばかりではないのです。今回は医師に胃下垂のメカニズムとデメリットについて解説していただきました!

■ 日本人の3割が胃下垂!?

胃下垂は読んで字のごとく、胃の位置が正常よりも下がっている状態を指します。そして確かに、胃下垂があると、食べても太りにくいということもあります。

 ただ、よく誤解されているのが生まれつき胃下垂だから痩せているのではなく、痩せてきたり、すでに痩せていることで腹筋が弱って胃下垂になってしまっている、という点です。したがって、胃下垂になる原因としては胃を支える筋肉や脂肪が少ないことが挙げられます。

やせ形の人の多い日本人にはなんと3割も胃下垂の人がいるといわれています。

■ 胃下垂は正常な状態ではない!? 5つのデメリット!

胃下垂には問題が多くあります。

1.消化能力が低い
正常より胃が下に下がってしまっていることによって、重症の胃下垂では健康な胃に比べて食べ物の消化能力が約3分の1になってしまうといわれます。

2.食欲の低下
食欲も低下して美味しくものが食べられないこともあります。

3.胸やけや胃もたれ
食事の後も胸やけやいつまでも胃のあたりが重苦しい感じがしたりすることがあります。

4.げっぷ、便秘や下痢
頻回のげっぷが出たり、便秘や下痢などを起こしたりすることもあります。

5.栄養不足による弊害
栄養不足で抜け毛が出たり、胃炎や胃潰瘍も起こしやすくなることも知られています。

■ 胃下垂を治すことはできるの?

胃下垂を治す方法としては、まず、胃を支えてくれる下腹部の筋肉を鍛えることです。また、背筋を伸ばして、正しい姿勢を心がけることで背中の筋肉、腹筋とも鍛えられます。

そして食事を少量ずつ、頻回にとるようにすることも胃もたれや消化不良を防ぐためにも、とても有効です。

【医師からのアドバイス】

胃下垂が羨ましいと思っていた方は、こう聞くと羨ましいどころの話ではなくなってしまいますね。胃下垂は見た目にも痩せてはいるものの、お腹だけポッコリ出た幼児体型のような状態になることが多く、あまり魅力的とはいえないことも多いようです。

現在お悩みの方も、少しずつ改善しておいしく食事を摂れるようになるといいですね。

【関連コラム】

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス