コーギーは胴が長くて、足が短く、骨太なのが特徴でとても可愛らしいと世界的に人気の犬種。

今回は遊んでいる最中にその短い足の影響で、思わぬ災難に見舞われてしまった1匹を紹介したいと思います。

ボールを噛んでいると…

夢中になりすぎて目の前に落ちてしまった様子。

伸ばせば届くと思ったのか、前足をバタバタしていると逆に遠くの方へ。

なぜか後ろ足もバタバタさせて、必死に捕まえようとするもボールは離れていくばかり。

死闘を繰り広げるもついに決着

善戦するも最後は力尽きてしまったのか、完全に諦めてしまいました。

短い足に対して限界を感じたかのような表情を見せたコーギー。

「もし自分の足が数十cm長かったら」という心の叫びが今にも聞こえてきそうな映像となっています。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

ひろ このユーザーの他の記事を見る

フリーみたいなライター。最新トレンドからおもしろネタまで読者が新発見をするような情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス