大好きな人といよいよ結婚…!結婚式は昔から夢見てたあんな感じがいいな♡こんな演出がしたいな♡と、理想がある人が多いと思いますが、やはりシビアな問題になるのはお金…。

でも、ちょっとした工夫で節約をすることができます!筆者が100万円以上節約できた経験を基に、その裏ワザをご紹介します。

1. 式場と契約する前に様々な交渉をしておく

式場と契約を交わしてしまうと、後からいろいろな交渉をしても最初の取り決めにより交渉ができない場合が多々あります。私の場合、事前に気になる点や聞いておきたい点をピックアップしておいて、契約前に式場側にすべて聞きました。

その結果、本来持ち込みNGとされているものでも特別にOKをもらったりすることができたので、節約へとつながりました(これについては次項でご紹介します)。

また、気になる点についてもクリアになってからの契約だったので、不安な点もほぼゼロの状態で契約することができました。式場によっては、「今日中に契約していただければ…」など急かしてくるところもあると思います。

そのためにも、式場めぐりを始めたら情報収集をして、質問リストを作って持ち歩いておくと賢く契約ができると思います。

2. 持ち込みアイテムで大幅節約

持ち込みアイテムの有無によって金額が大幅に変わってきます。上の「契約前に交渉しておく」に続くことですが、契約前に持ち込みアイテムについても交渉できた場合、様々なアイテムが持ち込めるので自分の好きなものを選べるということにもなります。

たとえばウエディンググローブは、「サムシングフォー(幸せな結婚生活を送っている友人から何か貸してもらう)」に則って、友人に貸してもらうのもアリです。

ブーケ&ブートニアは自分で作ってみたり、招待状や席次も好きなデザインで手作りしてみたり、シューズはこだわりのかわいいものを選んでみたり。時間はかかるかもしれませんが、自分の好きなデザインや雰囲気により近づけることができるので、おすすめです。

*筆者が持ち込んだもの、手作りしたもの

花冠、ヘッドアクセ、ミニクラウン、アクセサリー、ウエディンググローブ、ウエディングシューズ、招待状、メニュー&席次表(ミニ冊子にしました)、席札、ウェルカムボード、プチギフト など

3. よく見る演出よりオリジナルの演出

何回も結婚式に出席すると、よく見る大掛かりな演出から流行がわかったりしますよね。結婚情報誌でもよく見る演出など、サプライズ感が薄れてしまっている演出があります。
実はそういった演出をするとなると、かなりの金額がかかったりします…。

それらが以前から憧れている演出というわけでなければ、オリジナルの演出を考えてみませんか?最近では、写真撮影時に吹き出しやひげなどを持つフォトプロップスが手軽にできる演出のひとつになっています。これなら手作りでもできそうですね。

既存の演出を少しアレンジするだけでもサプライズ感が復活します。新郎新婦だけでなく、ゲストも自然に笑顔になれるように考えるとなにかアイデアが導き出せるかもしれません。

*筆者がしたオリジナルの演出

ジェット風船リリース、テーブルごとにメッセージを書いてもらいラウンド中にボードに貼っていき絵が完成 など

4. 春・秋シーズンより夏・冬シーズン

これは挙式の日にこだわりがないカップルの場合になってしまいますが、シーズンによって金額も大きく変わってきます。やはり人気なのは春・秋。過ごしやすい気候で絵になる風景も多く、トップシーズンのため料金は高めの設定になっています。

でももしこだわりがないのなら、夏・冬も考えてみませんか?一般的にはオフシーズンになるので、春・秋に比べると比較的高くない料金設定になっているところが多いと思います。

真夏・真冬はさすがにゲストにとっても厳しいので避けたいところですが、それ以外の夏・冬シーズンでそれぞれのいい点を活かしたり、その季節ならではの演出ができたりと工夫次第でゲストの記憶に強く残る結婚式ができるはずです!

5. 六輝は気にしないでいいか家族に確認

六輝とは暦注の一つ。大安や仏滅といえばイメージが湧きやすいかと思います。結婚式を挙げるのは大安が良いと昔から言われているので、今でも大安に挙げる人が1番多いです。

が、反対に六輝を特に気にしない人が増えてきているのも現状です。そもそも、この六輝を信じる・信じないというのは人それぞれです。この六輝を特に気にしないのであれば、昔なら1番避けられていた仏滅に結婚式をすると「仏滅割引」というものが式場によっては存在するほどなので、お得に結婚式ができます。

ただし、新郎新婦が六輝を気にしないと言っても、家族はどういった考えを持っているかはわからないので、きちんと相談するようにしましょう。ほぼ全員が特に気にしないというのであれば、大安という日にこだわる必要もないので、自分たちで六輝に関係なく日取りを選ぶことができます。

式場によってかなり差はありますが小さなことからコツコツと♡

節約方法をご紹介しましたが、もちろんどの式場でも融通がきくというわけではありません。ですので、できることから始めてみてください。一生に一度の結婚式準備、その時間も幸せな思い出になりますように…♡

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス