テレビがどの家庭でも普及している現在。

見ているわけでもないのにテレビをつけていたり、知らない間にぼーっと無意識にテレビを見ていて家族との会話もない・・・ということを感じている人も多いのではないでしょうか?

また、お子さんがいるご家庭では、「静かだな~」と思ったら、子供たちがじーっとテレビに釘付けになっているという光景が当たり前になっているということも多くありませんか??

今回は、今アメリカを中心に話題になっている「テレビに釘付けになっている子供たちの表情」をとらえた写真についてご紹介します。

テレビに釘付けになっている時の子供たちの異様な表情・・・

アメリカの子供たちは一週間に24時間以上もテレビを見ているといわれています。

子供たちはテレビを見ている間、どんな表情をしているのでしょうか?

写真家Donna Stevensさんが主催した写真シリーズ”Idiot Box”(間抜けな箱)では、
”日常に存在しているテクノロジーであるテレビ”と”感受性が高くもっとも影響を受けているであろう子供たち”との関係に焦点を絞り、写真展として発表しました。

口も目も半開き・・・無反応な子供たち・・・

出典 http://www.featureshoot.com

顔を異様にゆがませる子供たち・・・

出典 http://www.featureshoot.com

何かに操られているように画面に釘付けになる少女・・・

出典 https://twitter.com

テレビに釘付けになる子供たちの身には何が・・・

写真展シリーズ”Idiot Box”でDonnaさんが提起したかったことは、”テクノロジーが子供たちに与えている影響”についてでした。

暗く照明をおとした部屋で、テレビの灯りだけに照らされて浮かび上がった子供たちの表情・・・

この表情を皆さんは、どう捉えたでしょうか??


テレビに子守をさせている時、皆さんの子供さんの表情はこんな無機質なものになっているかもしれませんよ・・・

その他のおススメ記事!

この記事を書いたユーザー

なチュらと このユーザーの他の記事を見る

関西出身・ラトビア共和国在住のナチュラル派公式ライターの“なチュらと”です。
世界でも有数の自然が息づくラトビアから、ナチュラルで魅力的な情報を発信してゆきます☆
また自身でもナチュラルなビーガンライフスタイル情報サイト(http://www.cocoraw.jp)を運営しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス