「料理ができる旦那様」ーなんて素晴らしい響きだろう。イギリスではほとんどのパパが育児、家事に協力的だ。しかし、全員ではない。残念ながら、筆者のイギリス人旦那は料理とは縁遠い人である。

今回、世論調査でなんと3人に1人のパパが、家庭で料理を担当していることが判明したとイギリスのデイリーメール紙が伝えた。

29%のパパが「料理は趣味」とも

出典 http://www.denverpost.com

「料理が趣味です。」そう言ってくれる旦那様が羨ましい。世論調査では、サッカー(22%)、サイクリング(21%)を上回る29%の男性が「料理が好き」と答えたのだ。

更に「どういう時に自分を父親として誇りに思うか」という質問には、「スポーツカーで速い走りを見せること」という子供のような回答が23%、「楽器演奏ができること」が27%、「外国語を習っているのでホリデーで、役立っていること」が33%、そして「レストラン並みの質の高い料理を、家庭で披露すること」が36%だったのだ。

レストラン並みの質の高い料理!そんな旦那様を持つ奥様連中はさぞかし幸せなことだろう。

自分の子供達にも料理の練習をしてほしい

出典 http://newyork.cbslocal.com

調査では、74%のパパが自分の子供達に料理を練習してほしい、と熱心に思っていることもわかった。イギリスのスーパーのCMでも「ママがお仕事に出ている間、パパと息子が料理をする」という設定で流れている。パパと子供はチームを組みやすいのだろうか。

今や、イギリスでは87%の男性が、家での料理担当をしている。彼らの父親世代では55%であったが明らかに料理をする男性が増えているのがわかる。しかし、父親世代でも55%というのは、日本と比べてかなり高い確率だろう。

買い物率と掃除率はママが高い

出典 http://www.essentialbaby.com.au

料理をする男性が増えても、片づけ、掃除は女性が45%と男性23%に比べて多いことも、今回の調査でわかった。そして買い物へも60%の女性が行っている。男性は21%という比率であった。料理はできても「どこに何が置かれているかわからない」といったところか。

筆者の友人のご主人も、料理をする。しかし片づけは妻担当だ。料理の後の台所の散らかし具合が半端ないらしい。それでも料理をしてくれるので黙って片づけると言っている。筆者の相方も、年に1度ぐらい、頼めばしてくれる。

しかしやはり台所がものすごいことになりゾッとするので、アイデア料理は控えて頂いている。

鍋奉行ならぬBBQ奉行

出典 http://www.dailymail.co.uk

これからのシーズン、庭でBBQをするイギリス人も多い。イギリスではなぜかBBQは男性が仕切ることが多い。肉の塊を買いに行き、BBQコンロをセットし、グリル担当、お皿に盛り分け担当、と鍋奉行さながらに仕切るのだ。

BBQとなると、のんびりビールやワインでも飲んで庭でくつろげるママ連中にとっては、嬉しい限りだろう。最後の片付けも男性陣にお任せだ。

今回の世論調査では、51%の男性が、自分が父親になってからもっと料理をするようになった、と言っていることもわかった。台所を「女の城」と呼ぶのはもはや古い。きっとイギリスでは私たちの両親世代から、既に台所は誰の城でもなく、男性も料理をしていたのだろう。

子供と楽しみながらお菓子作りも

出典 http://www.huffingtonpost.co.uk

きっと男性は、散らかしたり、後の片付けなども気にしない人がほとんどなのだろう。料理をする、お菓子を作るのが趣味というぐらいなのだから「日々、しなければならないこと」と考える母親とは違い、父親は本気で何でも楽しむ。

だからきっと子供達も、パパとのお菓子作りが楽しいのだろうと思う。

いずれにせよ、料理をするパパが増えるというのはいいことだ。それを見て育つ子供も、料理に興味が湧くようにもなるし、自活もしやすくなるだろう。質を考えると恐ろしいことになるが、筆者もイギリス人の相方に「なんか作って」と言ってみようか。翌日オフの日を選んで。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス