練習すれば、誰でも速く走れるようになる!

我が子は運動神経が悪いのかも…と諦めてはいけません!運動神経は鍛えることによってよくすることができるのです。

運動会のかけっこなどで「もっと速く走れたらかっこいいのに」と、思っているお子さんは少なくありません。そこで、走るのがあまり得意でないお子さんと、速く走るコツをつかんだ練習を一緒に試してみませんか?

一気に全部覚えるのが難しい場合には、無理のないように少しずつ行いましょう。

練習①まずはスタートから見直そう

まずは、スタート時の前足を知ることから始めます。どちらかわからない場合には、下記を試してみましょう。

「腕立て伏せの姿勢から、用意ドン!でスタートしてください。その時に、自分の体を支えた足が、あなたにとっての“踏ん張る足”になり、スタンディングスタートの構えの前足となります。

スタートダッシュをするためには、その前の足で地面を思い切りよく蹴って飛び出します。サッカーをやっている子どもたちならば、ボールを蹴るときに軸足になっている足が“踏ん張る足”になっていることが多いはずです」

出典 http://www.sakaiku.jp

練習②走る時の姿勢を確認!

あごを引き、できるだけ前のめりに背中をまっすぐ倒すのが走るときの姿勢。走り終わるまでこの姿勢を保てるように練習しましょう。猫背のお子さんは、普段から姿勢をよくすることを心がけておくとよいですね。

走るときは脇を締めて腕を90度に曲げながら、特に前に大きく振ること。腕をしっかり振ることによって、足も大きく前に出てピッチも速くなります。脇を広げて肘を横に振っているようであれば、このフォームに変えてみましょう。

手のひらにはあまり力を入れすぎないように、広げた状態にしておきます。

③つま先で走る

足の裏全体を使わず、つま先を上に上げる感じで走ります。スタート直後は小刻みに、徐々に歩幅を広げてみましょう。

④最後まで諦めずに走りきる

走る時のフォームを一通り覚えたら、最後まで走りきってみましょう。一本一本タイムを計ると、上達具合が分かります。

子供にとって、まっすぐ走るのは結構難しいもの。そのためには前方にある目標を定めて走るとよいでしょう。途中で息切れしてスピードが落ちてしまうかもしれないため、ゴールの5メートル先くらいまで、全力で最後まで走り抜けるように頑張って!

⑤速く走るための裏技をご紹介!

運動会まであと少しで練習する時間がない!という時に、試してみたいのがコレ!当日、周りにバレないように気を付けましょう。

裏ワザ1 足首と親指に輪ゴムを八の字にかける

輪ゴムを先ず足首にはめます。

それを伸ばして1回ひねり、親指に引っ掛けます。足首と親指に八の字でかかっている状態になりますね。

輪ゴムの弾力で適度に足の裏が反り返ることで、地面を蹴る力が増加するんです。

出典 http://koisurunihon.xsrv.jp

裏ワザ2 靴の中にプチプチを入れる

1.ビニルの包装(いわゆるプチプチ)を10cmくらいの大きさに切る
2.プチプチが内側になるようにして2つ折り~4つ折りにする。
3.靴の底(かかと側)にこれを敷く。テープなどで固定する。
 
こうすることによって、体が前傾姿勢になります。かかとの蹴る力を十分に地面に伝えることができるので、早く走れるとのこと。この方法で実験をしたら、多くの子のタイムが上がっていました。

出典 http://homepage1.nifty.com

練習の時に気を付けること

普段あまり体を動かしていないお子さんが急にハードな練習を始めると、筋肉痛などの炎症を起こす可能性があります。徐々に運動量を増やしていき、長時間運動を続けないように時間を決めて行いましょう。

練習前後にウォーミングアップ・クーリングダウン運動を欠かさない・同じ部位を繰り返し使わないということも忘れずに。

いかがでしたでしょうか?落ち着いて練習が出来るように、公園などの広い場所を選びましょう。

タイムがよくなったら褒めてあげることで、自信がつきどんどんやる気が出てきます。効果については個人差がありますので、無理強いすることなく、目標を決めて頑張ってみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

様々な視点から記事を書いていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス