恋愛に依存して恋人にべったりな友人を見て、「こーいう女って無理!虫唾が走る!」なんて思った経験、ありませんか?たしかに、依存が強すぎるのも問題ですが、実はそれより怖いのは「恋愛できない隠れ依存体質」

特に、「恋愛に依存的な女って大嫌い!」というタイプに多いのです。

■なかなか恋愛できない人は、実は隠れ依存症タイプ!?

ほとんどの哺乳類は、産まれてしばらくしたら自分の足で立つことができます。でないと外敵に襲われたときすぐ死んでしまうからです。だけど人間だけは例外。ものすごく親に依存しないと生きていけない状態で生まれてきますよね。だから必ず人間は誰しも、「依存心」を持っているものなのです。

やがて成長するに連れて人間は、肉体的にも精神的にも自立しはじめます。すると、「保護者がいなくなったら死んでしまう」という恐怖から解放され、依存していた時がいかに不自由だったかと思うようになります。恋愛がなかなかできない人は、まさにこの状態。

恋愛は、「自分以外の誰かを欲する気持ち」と「この人を失いたくない」という、ある意味とても依存的な気持ちを生み出します。実は、依存心が強い人ほど、この“依存状態”になることを強く恐れているのです。

だって、失ったときにどれほど傷つくか、分かっているから。恋愛ができない、というより、“したくない”のです。

■隠れ依存症を見抜く現状チェック

「彼にべったり依存する恋愛体質女子」「依存したくないあまり、恋愛できない女子」、実は、深層心理はほとんど一緒。

「恋愛に依存的な女って大嫌い!」=依存的な人に対する憎しみが強い=自分の中の依存心も許せない

要は、同属嫌悪に近い自己嫌悪なのです。彼にべったり依存する恋愛体質女子が自分の裏の姿だとわかっているからこそ許せないというわけです。この中のどれかに当てはまる人は、自覚はなくても、隠れ依存症である可能性が大ですよ!

●年上と人間関係を築くのがうまくない。もしくは年上が苦手。

●人に弱見を見せられない。人を頼るのが下手。もしくは苦痛。


●1人が気楽。人付き合いが疲れる。


●親、または兄弟に心を許せていない(なんとなく距離がある)


●依存的な人がものすごく許せない。

■「人間は1人で生きてけなくて当然!」と、開きなおろう!

では、この隠れ依存症を脱出して、幸せな恋愛を掴むには、どうしたらいいのでしょう…?そのためには、自分の依存的な部分を受け入れることが大切です。便利になった現代社会では、「人は人に頼って生きている」ということを忘れがちになってしまいました。

世の中の仕組みが高度になりすぎて、生活を支えてくれる人の顔が見えなくなってしまったからです。私たちは食べなくては生きていけませんが、生きていくために食べている作物を育てている人たちを知りません。

電気がなければ暮らしていけませんが、誰がどのように電気を生み出し、供給してくれているのか、その人たち、1人1人の名前も、顔も知りません。現在の私たちの生活は、知らず知らずのうちにものすごく多くの人たちに支えられて成り立っています。

「自立して1人で生きている人」なんて、ほとんどいないのです。
だから、「恋愛で依存」したって、依存するものがたったひとつ増えるだけ
しかも命に関わらない依存です。

たいしたことないじゃん!!



もともと、私たちは1人では生きていけないのです。依存したって、周囲に生かされていることに、感謝すればいいのです。

私って本当、1人じゃ生きていけないよね!みんな、あざーっす!!」


必要なのはこの開き直りの精神なのです。

■感謝することからすべて始まる

依存しすぎるのも、依存できないのも、結局は満たされない心の現れ。心が満たされないということは、裏を返せば、「自分は、十分に与えられていない」という気持ちがあなたの中にあるということです。

もしかしたら、実際に、あなたは自分が欲しいと思ったものを、与えられてこなかったのかもしれません。でも、「もっとちょうだい!」とうるさく言われると、あげたくなくなるのが人間です。(笑)

それよりも、今あることに感謝し、満足を知ることが大切。人間は、基本的に「感謝される」ことが大好きなので、あなたが周りに感謝できる人であれば、あなたに何かしてあげたいと思ってくれる人がきっと現れます。

いい恋を掴む一番の秘訣。それは…普段から周囲に対する感謝を忘れないこと。これが肝心です。

▼さらに詳しい内容はこちらから▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら