記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。これから暑い季節がやってくるとともに、体臭が気になるという人も多いと思います。体臭を少しでも抑えられる方法があれば、知りたいですよね!

今回は、体臭を抑える効果が期待できる食べ物について、医師からアドバイスをいただきました。

■ まずは肉食中心の生活に、STOP!

よく、欧米人の体臭はキツイと言いますよね。これにはきちんと理由があります。欧米人の食生活は、肉が中心。肉や乳製品などの動物性脂肪は、アポクリン汗腺や皮脂腺の動きを活発にするといわれています。

アポクリン汗腺から分泌される脂肪を含んだ汗や、皮脂腺から分泌される脂肪酸などが、悪臭を引き起こす原因となるのです。体臭を少しでも抑えたいという人は、まずは肉食中心の生活をやめることから始めましょう。

■ これで安心! 体臭を抑える6つの食材

1. パセリ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

パセリには、クロロフィルという強い消臭効果のある成分や、殺菌・抗菌作用を持つ成分が含まれています。

2. かんきつ類

出典 http://www.gettyimages.co.jp

吸収されるのが早く、食べるとすぐに爽やかな香りを体内に取り込んでいい匂いとして放出します。また、かんきつ類に含まれるクエン酸は、体臭の原因となる乳酸やアンモニアを体外に排出する作用があります。

3. りんごジュースやレモン水

出典 http://www.gettyimages.co.jp

リンゴやレモンにもクエン酸が含まれていて、臭いの根本的な改善に役立ちます。

4. ローズマリー

出典 http://www.gettyimages.co.jp

肉料理などで独特の臭みを消すために使われているように、体臭を抑える効果も期待できます。また殺菌効果もあり、湯船などに入れて浸かると皮膚の菌を減らし、臭いを和らげます。

5. シナモン

出典 http://www.gettyimages.co.jp

甘い香りが特徴のシナモンには、臭いを中和する作用があります。

6. ヨーグルト

出典 http://www.gettyimages.co.jp

腸内細菌のバランスを整える作用があります。腸内環境がよくないと、食べ物の消化・吸収が悪くなり、それが悪臭を発生させる原因となります。

いかがでしたか?これから始まる夏に向けて、積極的に摂りいれてみてはいかがでしょうか。それでも体臭がきつくてどうしようもならないという場合には、形成外科や美容外科に相談してみましょう。

Doctors Me編集部おすすめコラム】

夏バテにも役立つ!? 甘酒の健康効果がスゴイ!
アソコの臭い…。対処法をこっそり伝授!
朝起きるとお口が臭い……。口内の【正しいお掃除法】とは?
疲れすぎると「疲労臭」が出るらしい。
恋や、セックスをすると痩せる、って本当?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス