自営業をやっていると、時々「趣味が仕事でいいね」と言われます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者は、洋楽(80年代の英米等のポップス中心)を聴かせながら、お酒を提供するというバーを経営しています。元々は趣味から生まれた発想で起業しました。

そんな筆者のことを人々は、「趣味を仕事にした人」とか、「好きな事やって食べてる」という言い方をされます。

筆者は、実は、そう言われることが好きではありません。

確かに趣味で得た知識を生かしましたが、趣味をそのまま仕事にしているつもりはありません。筆者の趣味は簡単に言うと、好きな洋楽を聴きながら、好きなお酒を飲むことです。

では、筆者の職場はどうでしょう…お客様の好きな洋楽を聴かせながら、お客様の好きなお酒を提供することです…分かって頂けたでしょうか?

趣味であれば、自分の好きなように、例えば音楽で言えば筆者の好きな曲を筆者の好きな順番で聴くということです。同じようにお酒も、筆者が好きなように筆者が好きな酒を筆者が飲むことが趣味です。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

それを仕事として提供する側に立つ場合は、そういうことではいられません。

筆者の好みや、今かけたい曲など、お客様には極端に言うとどうでもいい事なのです。筆者の好きなお酒など、これまたお客様にはどうでもいい事なのです。お客様は当然ですが、筆者の職場にお金を払って自分が楽しくなりに来ています。

お客様のニーズに応えられるよう趣味で得られた知識を使って、音楽のリクエストに対応したり、同じくお酒の注文を受けたりするのです。
 
従って、趣味で得た知識を使って仕事をすることは出来ますが、趣味はそのまま仕事になることは稀だと筆者は考えています。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者は以前、ある起業雑誌の取材に「趣味を仕事にして、趣味が無くなった」と答えてしまいましたが、厳密に言うと、今も洋楽鑑賞は趣味として成り立っています。筆者はお店の人気を得る為に、筆者個人としては不本意なジャンルの音楽も、お客様のニーズということであれば対応しています。筆者は商売になる音楽と趣味の音楽とは全く違うと思っています。

それは、音楽家も同じ事だと思います。売れ線でいこうとすると、その音楽家の得意なものや趣味のものを曲げてまで、ニーズに対応した曲を発表し続けてヒットチャートに拘る場合があります。筆者はそういった音楽家を多少気の毒だとは思いますが、好きな音楽は自分で小さなライブをやって発表したり、自分だけで楽しめばいいのだと考える事も出来ると思います。

筆者も音楽家も、生業としてやっていくには、ある程度売れる必要があります。ニーズの無い趣味に拘ることは、商売の世界ではあまり美しくないことかもしれません。そして、好きな事を好きなようにやっているだけでお金が貰えるほど、残念ながら世の中は甘くないようです。

趣味がそのまま商売になるということは、筆者で言うと、好きな時間に筆者の部屋で、筆者が好きな音楽を筆者が好きな順番で聴いて、しかも筆者はほろ酔い気味でウトウトしている中で勝手にお金が入ってくる仕組みを作るということになってしまいます。それは、あまりにも現実的ではありません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

例えば、オートバイが好きな人も、オートバイに好きなように乗っているだけでは商売になりません。そのオートバイで荷物を運ぶとか、オートバイの販売や修理の仕事をするとか、何がしか商売になることに結び付けないといけないわけです。

ただ、オートバイが好きならば趣味で得た知識があるわけで、それが生きるということです。趣味ではない仕事を始めることより、勉強しなくて済むというメリットは大きいと思います。

ということで、趣味はそのまま仕事にはなりにくいですが、そこで得た知識を商売に結びつける事は幾らでも可能ですので、起業の際のコンセプトを作るときに、趣味の一部を取り入れることは有効だと思います。

ということで、趣味そのものを仕事にしているなんてほぼあり得ないのです。

筆者のように、洋楽を聴かせてお酒を出す仕事していると、楽しいのはお客様なはずなのに、筆者も楽しんでいると思われがちです。

それは全く違います。勿論仕事の楽しいシーンというのはありますが、筆者が今までやってきたレンタカー会社、コンビニ店員、タクシー運転手、古本屋、不動産業…全ての職業に、同じ緊張感がありました。商材など関係ないのです!仕事というのは多かれ少なかれ辛いものなのです(笑)

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス