記事提供:カラパイア

1匹の盲導犬が本能的にとった行動が、あまりにも献身的であるとして全米の涙を誘っている。

今週月曜朝、ニューヨーク州ブリュースターで、塗装されてない横断歩道を歩いていたのは盲目のオードリー・ストーンさん(62)と彼女を補助するゴールデンレトリバーの盲導犬、フィーゴ。

前方から幼稚園児を乗せたスクールバスが来ていることに気が付いたフィーゴは、なるべく早く、ストーンさんを通りの向こうに連れていこうとしていたその矢先のできごとだった。

このスクールバス、前方にストーンさんとフィーゴがいたことにまったく気が付いていないようで、速度を落とさずそのまま突っ込んできた。

迫りくるスクールバスにフィーゴがとった咄嗟の行動は、ストーンさんを押してその場所から移動させ、自らの体をスクールバスの前に投げ出すことだった。

出典 YouTube

フィーゴは本能的に動いたようだ。ストーンさんを助けたい一心で、ストーンさんの右側を歩いていたフィーゴは、とっさに反対側に回ってストーンさんとバスの間にジャンプして、自らの体をバスの前へ投げうったのである。

その一部始終を目撃していた、あるガソリンスタンドの従業員ポール・シュワルツ氏は、すぐさま事故現場に駆けつけた。

フィーゴの足は折れており、普通に動けない状態となっていた。ストーンさんも頭から血を流し、腰の痛みを訴えていた。シュワルツ氏の通報を受け、救急隊員たちが現場に到着。

ストーンさんは「フィーゴはどこ?フィーゴは大丈夫?フィーゴ、フィーゴ!」とひたすら叫んでおり、フィーゴは足を引きずりながらも、尻尾を振って彼女のそばから離れようとしなかったという。

救急隊員たちは泣き叫ぶストーンさんに、「フィーゴは大丈夫だから、大丈夫だから」。と何度もなだめながら担架に乗せ、救急車で運ぼうとしたところ、フィーゴも一緒についていこうとする。

だがニューヨーク州では、動物を人間を搬送する救急車に乗せてはいけない決まりとなっている。ストーンさんもフィーゴと離れたくなかったようだが、ほどなくストーンさんは病院に搬送された。

それを寂しそうな目でみつめるフィーゴ。フィーゴにはその場で応急措置として右の前脚に包帯が巻かれ、その後動物病院へと搬送された。

幸いなことにストーンさんもフィーゴも致命的な怪我ではなかった。ストーンさんは肋骨が3本と右肘と足首の骨が折れていて、頭が切れていた。

フィーゴの前脚は骨が完全に分断されてしまったが、命に別状はなかった。もしフィーゴがストーンさんをかばわなかったら、ストーンさんはどうなっていたかわからなかっただろう。

また、スクールバスには2人の園児が乗っていたが子供たちに怪我はなかった。

ブルースタースクールバスの運転手、マイケル・ノイナーは、この交差点を左折しようとしていたが、メインストリートの方に気を取られ、フィーゴとストーンさんに気が付かなかったという。ノイナーは安全義務違反で逮捕された。

病院で治療中のストーンさんは、フィーゴが足の手術を受け、回復しつつあり、また、彼女の友人がフィーゴのお世話をしてくれていることを聞かされ、涙ながらに「とてもうれしい、すごく感謝している」と語った。

また、フィーゴが入院している動物病院では、ストーンさんの姿を見せて声を聞かせればフィーゴの回復も速まると考え、ビデオ電話を通じて面会させる計画を立てているという。

「フィーゴはストーンさんを守るため、かなりのダメージを負った。ボロボロになりながらも最後の最後までストーンさんの右側に座り、決してそばを離れようとしなかった。

その姿がとても印象的で、ひどく心を打った」と、発見者であるシュワルツ氏はインタビューに対しそう語った。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス