記事提供:しらべぇ

今、どうやら「ホットドッグ」が来ているようだ。

ホットドッグといえば、「アメリカの野球場などで食べられるファーストフード」というイメージがあるかもしれない。しかし、先日しらべぇでもお伝えしたが、都内に本格的なホットドッグ店が続々オープンしているのだ。

【絶品】ホットドッグはソーセージで選べ!春までに押さえたいホットドッグ新事情

■赤坂見附には3名のドイツ人が新店オープン

ホットドッグは、19世紀にドイツ系移民がアメリカに持ち込んだのが始まり、と言われている。「フランクフルト」や「ウインナー(ウイーン)」といった名のとおり、ドイツやその周辺は、ソーセージの本場。

もともと、移動バスで営業していたメンバーが、5月にオープンしたばかりのホットドッグ専門店が、「シュマッツ(Schmatz)」だ。

■ドイツ直送の肉厚ソーセージと、カリふわパンがベストマッチ

一番人気は、トップ画像の「ザウアークラウト」とのことだが、こちらの「チーズ&マッシュルーム」も、なかなか独創的。コクがあって、編集部女子にも好評!

どのホットドッグも、太めのソーセージからほとばしる肉汁を、外はカリッ中はふわっとしたパンが受け止める。

■ドイツビールも飲んじゃえ!

そして、ドイツとくれば忘れてはならないのがビール!もちろん熱々のホットドッグにもぴったりだ。これからの季節、ちいさなランチサイズなら、ぐいっとやりたくなる人も多いだろうが、お仕事の事情と相談してほしい。

■電源も完備なのでネットニュース編集者にぴったり

さらに嬉しいのが、カウンター席にずらりと並んだACコンセント。モバイルやスマホが手放せないビジネスマン、1日に何件も取材を抱えたネットニュース編集者などには嬉しい限りだ。

【Schmatz(シュマッツ)】
住所 港区赤坂3−19−8
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス