記事提供:しらべぇ

「性器カンジダ症」という病気を聞いたことはありますか?

症状として陰部のかゆみが見られることから、この病気を性病だと思っている人は少なくありません。

■「カンジダ症=性病」と考える人たち

男女427人を対象に、カンジダ症の意識についてアンケート調査をおこなったところ、3割近くが、カンジダ症は性病であると思っている結果に。

カンジダ症は本当に性病なのでしょうか?

■「性交原因」はわずか5%

大阪府大阪市内にある「しもむら本町レディースクリニック」院長の下村陽祐院長に話を伺いました。

※写真はイメージです

―カンジダ症は性交が原因で罹る病気なのでしょうか?

約5%が性交が原因と考えられています。男性はガンジダ症を保有していても症状が出ることは少ないです。

女性の場合、男性からうつったというより、もともと自身の腸管に存在したカンジダが性交によって膣内に入ることも考えられます。

出典しらべぇ

―では、性病ではない?

いえ、性交をきっかけに症状が出る人もおられますので『性病』という側面もありますが、95%は日和見感染(ふだん病原性を持たない常在菌が、免疫能力が弱るなどが原因で感染する現象)です。

出典しらべぇ

つまり、9割以上の人はなんらかの原因によって免疫能力が低下し、カンジダの症状が出るというのです。

ちなみに、体の構造上、カンジダ症の症状が出るのは、女性が大半だといいます。

■女性のほうが「カンジダ症=性病」と思っている

今回のアンケート結果を、男女別に見てみましょう。

若干ですが、女性の方がカンジダ症を性病だと思っている人が多いことが分かります。

女性ならば誰でも起こる可能性のある病気ですので、もし勘違いをしている人はこれを機に正しい知識を身に付けておくとよいでしょう。

■カンジダ症が起きる原因は?

―ガンジダ症を患う主な原因は?

誘因として抗生剤投与、ステロイド剤、抗がん剤などの投与。コントロールされていない糖尿病、不適当な下着などがあります。生理周期とともに毎月症状が出る方もおられます。

出典しらべぇ

―特に多いのは?

風邪や皮膚病などで抗生剤を処方され、それを飲んでから症状が出るという人が多いようです。

出典しらべぇ

■「カンジダ症にヨーグルトが効く説」は本当なの?

若い女性の中には、婦人科に通うことに抵抗があるのか、インターネット上にある「カンジダ症を治すには膣にヨーグルトを塗るといい」という説を実践している人も少なくないとか。

真相はどうなのでしょうか?

ヨーグルトには乳酸菌であるラクトバチルスという菌が含まれ、それは膣の中にも存在します。

膣の中での乳酸菌の役割は、膣の中を酸性に保ち、雑菌の増殖を抑えることです。したがって理論的にはあり得るかも知れませんが、現実的には「?」です。

出典しらべぇ

―では、ほかに対策はありますか?

膣内に挿入できる、乳酸菌のタブレットなら市販されていますよ。もし使うならそちらの方がよいでしょう。

ただし、カンジダの「増殖」を抑えることはできますが、それを減らすことは難しいです。

出典しらべぇ

やはり、症状が見られた場合には、婦人科に行って医師の診察を受けるのが一番のようです。

【調査概要】
方法:アンケートサイト「マインドソナー
調査期間:2015/05/27 - 2015/05/30
対象:全国10代~50代男女427人

権利侵害申告はこちら