筆者は12年間、洋楽バーの経営をしています。

出典筆者のお客様撮影

「経営者は孤独」…これは、一般的に頻繁に言われることだと思います。筆者は12年間の経営者生活で、この意味が少しずつ分かってきたつもりですので、特にこれから起業を目指す方に照準を当て、どういうことかを説明させて頂こうと思います。

勿論、起業志向ではない方も、一般的な読み物として読んで頂けると幸いです。宜しくどうぞお付き合いください。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

先ず、経営者、特に筆者のような一人で営む小さな飲食店のオーナーですと、共通の目的を持った仲間が同じ組織内は当然として、世の中にも一人もいません。

ですので、「今月は頑張ろうな!」とか、「仕事がきついなぁ」等と共感できる仲間もいませんし、「お前よりは先に出世したい!」とか、「今月はお前より仕事獲るぞ!」とか思える同僚やライバルもいません。

そして、「あの上司ムカつくよなぁ」等と傷の舐めあいを言い合える仲間もいません、そして誰かと共通の敵もいません。

そのような状況なので、自分の責任で、自分の判断で、それを信じて一人で全てのことを行わなくてはなりません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

第二に、近寄ってくる人の多くに下心があるということです。「社長、今度是非一緒に仕事しましょう!」とか、「マスター、何か大きいことやろうよ!力を貸すよ!」等と人々に言われ、一種チヤホヤされた気になる場面がありますが、往々にして、笑顔で寄ってくる相手の話は、その相手にとってのメリットしかない話だったりします。

学生や会社員の時は、身近なところで自分に寄って来る人は友好的な場合が多かったと思い、つい慣れるまでは戸惑ってしまいますが、経営者になると基本的に友達を作るようなことも難しくなります。それは、会う人のほぼ全てと金銭のやり取りがあることなども原因かもしれません。

勿論ビジネスと一切関係の無い一人の人間としての世界では、経営者になろうがなるまいが関係がありませんが…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

第三に、経営者ではない家族や古い知人とも、徐々に話が合わなくなってきます。経営者の悩みや苦労は、経営をしていない人には分かるはずもなく、愚痴る場面もありません。

また逆に、経営をしていない人の悩みや苦労にも疎くなってきますので、いい聞き役にもなれません。更に「いいじゃん、社長なんだから…」とか、「人に使われていないんだから自由だよなぁ…」等、一寸刺激的な言い方をされてしまうケースも多くなり、その中での立場を失っていきます。

これは、仕事の話を基本的にはしないということで、周りとの人間関係をどうにか保つ事ができそうです。大変なのは経営している人だけではないですし、子供だって会社員だって、皆厳しい社会の中で戦っています。そう考えて、なるべく穏やかな気持ちで人々に接する事が、プライベートでも大切だったりします。

出典筆者のお客様撮影

幾つかの例を書きましたが、他にも沢山「孤独」の原因や理由はあると思います。

飲食店の現場では、店番が一般的に仕事の一番華やかな部分でしょうが、実は営業時間前後、お客様には全く想像のつかない仕事を沢山しなくてはなりません。営業時間が6時間だとすると、お客様は「6時間労働」の事だと思うかもしれませんが、それは全く違います。仕事の事を考える時間などを含めると、四六時中仕事なのです。

経営者は、仕事を借りているのでありません。自分の人生や、時間、存在そのものまで仕事なのです。

自分の世界をしっかり持って…自身で勝手に起業した以上、愚痴る相手もいないのですから、何かにつれ人と群れようとしたり、寂しがったりする癖は無くしておくことが重要だと思います。

自分が納得する為に、組織を辞めて起業するのです。その目標達成は一人で味わい、自分の世界で悩んで喜んで泣く…経営者とは孤高の道を極めることでもあると思います。

起業を志す方に特に読んで頂きたいと思い筆者の感じた想いを書きましたが、何かの参考になりましたでしょうか?

最後までお読み頂き有難うございます。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら