外遊びから帰ってきた8歳の子供。その子供の手指紋を顕微鏡でみたらとんでもない状態だった!!!

出典 http://www.iflscience.com

子供のころ、外遊びから帰ってきたときや食事前に必ず親に言われてたあの言葉。

”手、洗いなさいよー”

あの親の言葉、気軽に聞いてたけど本気で重要だったんだ!!とわかるこの衝撃の写真は、アメリカのサイエンスサイトにポストされ大きなニュースになりました。

シャーレの中に見える数々のバクテリアや雑菌。思わず鳥肌が立ってしまいます。

この写真をポストした人物とは?誰の手形?

この写真はTasha Sturmさん、という微生物学の研究者により投稿されました。

外遊びから帰ってきたターシャさんの8歳になる息子の手を使い、実際の生活でどれほどのバクテリアが付着するのか、また私たち人間がその中で生きているのだという事を世間に伝えるために投稿したそうなのです。

でも待って!そのバクテリアは人間にとって有益なのかも

ターシャさんは、彼女の息子を使い犬を撫でてみたり、猫のしっぽを触らせてみたり、
肉球や鼻先を触ったり、様々な動物と触れ合ったあとの雑菌がどう人間に影響を及ぼすのか、という実験も定期的に行っています。

その結果、雑菌の多くは人間に無害だったり、むしろ有益になる場合がある。という結果を得たのです。

そうは言ってももちろん悪い菌も沢山!うがい・手洗いはしましょうね。

その他お勧めニュースはこちら↓↓

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス