皆さんは結婚願望ってありますか?

筆者は20代前半からずーっと結婚したいと言い続けていますが、アラサーの現在も未婚です。その理由はとっても単純にして明快。「結婚したいー!」と口では言いながら、そのための行動は何もしていなかったから。「仕事が急がしくて出会いもなくて~」…という、彼ナシ女性の言い訳の常套句を多用していました。

でも、そんな私も今では、無事結婚したい男性を見つけ、順調に交際&同棲中。互いの両親にも挨拶済みです。“ある人”のおかげで、私は結婚について真剣に考え、そのための行動を起こせるようになりました。その“ある人”とは、孫が見たいとプレッシャーをかけてくる親でもなければ、次々と結婚していく周囲の友達でもありません。

筆者は、この人の話を聞けば、誰でも真剣に結婚に向けて行動するんじゃない?とさえ思っています。その正体とは、ずばり!

『保険屋さん』です。

あっ!保険の勧誘は一切しませんから皆さん帰らないで!!(笑)

■保険屋さんに話を聞くと結婚したくなる理由とは?

ここからするお話は、自分の人生設計がきちんとできているしっかり者の人からすると
「なんだ、そんなこと?」という内容かもしれません。ですが、先のことを考えるのが苦手なめんどくさがりさんや、気ままに生きてきた楽天家さんは、ぜひ最後まで読んでください!

筆者が、保険屋さんに話を聞くことになったきっかけは、異業種交流会で保険の営業マンと出会ったことがきっかけでした。もちろん、「保険の話を聞いてください!」と言われたときは、「営業~!?めんどくさい!!」と思い、はじめは「どうやって断ろうか」ばかり考えていました。ところが…



さっそく保険のプランの説明を聞かされるかと思いきや、営業マンの彼は、筆者の今後の人生設計について尋ねてきました。

日々、何を大切に思って生きているのか。今後の人生、どうしたいのか。そのために、何歳までに、いくつの男性と結婚して、子供が何人欲しくて、どんな家に住みたくて、仕事をどういう風に続けていきたいのか。そのためにはどのくらいの貯金が必要で、現在の生活はそれにどのくらい見合っているのか…。

“未来の理想像”、そして、それと比較した“自分の現状”を、本当に細かくヒアリングされたのです。


■意外と見えていなかった現実

私は、話を聞きながら愕然としました。「あれ?もしかして私って、将来のこと真剣に考えてなかったかも…?」そう気付いたからです。

例えば、「何歳くらいの男性と結婚したい?」と聞かれて、当時気になっていた男性がいた筆者は、その方の年齢をあげました。(年上の方です。)

すると彼はささっと計算し…

「とすると、希望とする年齢で結婚したとして、3人目の子どもが大学に行く頃には、だんなさんは定年間近だけど、それは大丈夫?」

… それはマズイ!!

「ということは結婚の時期を早めるか、もう少し若い人と結婚するか、子どもの人数を諦めるかってことになるけど…」

な、なるほど…。


当時は仕事が楽しい&忙しくて、いい人が見つかれば結婚したいなー程度に考えていたものの、その一方で、昔から家庭に対する憧れはあったし、子どもも最低2人以上は欲しいなあ~と漠然と思い描いてはいました。自分の現在の行動と、将来プランが大きくかけ離れていたことを、そのときハッキリと認識したのです。

厳しい現実を突きつけられて、若干焦りを感じてきた私を見て保険屋さんが一言。


「人生設計は大切だし、そのために今から努力することが一番大切ですけど、でも、どうしても無理な時は人生設計の方を見直せばいいんですよ。
幸せの形は色々ありますから。そのためには、自分にとって何が一番大切か分かっておく必要がありますけどね。」


ほ、保険屋さん~!!(涙)


そんな訳で、ちょっと恥ずかしいですが、そこで筆者のライフプランがどう変わったかを少しだけ公開します。

【変更前】
結婚は4年以内に、子どもは2人以上、結婚相手の年齢は5個上まで


【変更後】
結婚は2年以内に、子供は1~2人、結婚相手の年齢は2個上まで


と、このようになりました。


実際、この計画を立ててから、1年後に転職して給料アップ。おまけに1つ年下の彼と付き合いだしました。「現実を直視する」ことのパワーって、本当に強力です。

■保険屋さんに相談することのメリット

結婚相談所や婚活サイトを利用すると、当然ながらお金がかかりますよね。出会いの場に出向く前に将来計画を明確にしておけば、余計な時間を費やしてお金を無駄にすることもありません。そして、「お金のことをシビアに計算してくれる」保険屋さんは、将来計画を立てる上で、最高の相談相手というわけなのです。

保険屋さんにとっては相談も営業の一環なので、相談だけなら無料なのも魅力。デメリットは、営業マンによって相談の質が違うこと。CMに出てるような大手の保険会社の窓口なら相談内容の質も一定でしょうから、そういうところで相談してみるのもいいと思います。

人生設計をちゃんとして、自分の今の現状を見極めること。そうすればおのずと、今行動すべきことが見えてきます。なので、それができれば、相談するのは保険屋さんではなくでも、銀行や、ファイナンシャルプランナーの方などでもいいかと思います。


■結婚はすべてではないけれど…

筆者はカウンセラーなので、焦って適当な人と結婚してしまい、散々苦労して結局離婚…という女性を何人も見て来ています。だから、結婚がすべてとは思いませんし、早く結婚しないと幸せになれないよ!なんてという言うつもりも毛頭ありません。

でも、自ら結婚しないことを選択するのと、結果的に気付いたら結婚できてなかった…というのはまったく違います。結婚するにせよしないにせよ、早めに将来を計画しておいた方が焦って判断を誤る可能性が大幅に減ります。

もし、なんとなくでも、いずれでも、結婚したい、子供が欲しいと思っているなら、ぜひ、保険屋さんと将来計画を立てることをオススメします!自分で一からプランを立てるよりも遥かにラクですし、現実を直視できますよ。


仕事を頑張るのも、友達を大切にするのもとっても素敵なことです。だけど、自分の幸せや将来に真剣に向き合うことは、それ以上に大切なこと。自分の人生の責任は自分にしか取れないのです。

▼さらに詳しい内容はこちらから▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら