今年も“暑い夏”になると言われていますが、今回紹介するのは、クーラー無しでこの夏を乗り切ろうとする人々にとっては、まるで夢のようなライフハックでして、制作時間はたったの10分。しかも、なんと8ドル(約1000円)で出来てしまうという…素晴らしきクーラーの作り方になります。

『たった8ドル!』と言いつつも、小型扇風機の値段がなぜか含まれていないので、実際に作るとなると、8ドル+小型扇風機代となってしまうわけですが、それでも破格の安さですので、是非、この機会に作り方だけでも覚えておいて下さいね!

なお、用意するモノは

・発泡スチロールで出来たクーラーボックス
・ダクト管 × 2
・小型扇風機
・ペットボトル数本

の、4アイテム。では早速ですが作り方を伝授致します。まずダクト管を↑のように配置し…

ダクト管に沿ってペンで線を引き、カッターで穴を開けます。(この時、大まかにやってしまうと、冷気が逃げてしまう原因となってしまいますので、慎重に穴を開けて下さい)

続いて、小型扇風機も一度中央に配置し、ダクト管同様に…

上手く穴を開けていきます。

こんな感じになればOK!(掃除機をかけ、散った発泡スチロールを綺麗にしておきましょう。)

あとは、凍らせたペットボトルを…

発泡スチロール内にたくさん並べ

小型扇風機を中央に設置すれば“自作クーラー”が完成です!では、今一度、制作手順を動画にてご確認下さい。

出典 YouTube

これは使える!

なお、製作者によると、電気代も冷房より遥かに安く済み、ワンルーム(6~8畳)であれば十分に室温を下げることが出来るとのこと。また、冷却時間は3時間~6時間程持続するようで、冷気が弱いと感じたら、中のペットボトルを交換すれば復活するとのことです。

たった10分で作る事ができ、制作費も数千円で済むDIYクーラー。色々と使用用途がありそうなので、是非、この機会に一度作ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス