記事提供:しらべぇ

人気タレントのベッキーさん(31歳)は、「“忙”しいという字は、心を亡くすと書くから使いたくない」と言いました。ただ、「忙しい」という言葉は使わずとも、“忙しいこと”を間接的に言うのは可能です。

しかし、そのような間接的な「忙しい」という言及は、“忙しい自慢”としてマンガやイラスト、コントなどでしばしば揶揄されています。

しらべぇ編集部では、そんな“忙しい自慢”について、20代~60代の男女計456名へのアンケートをもとにこんなランキングをつくってみました。

■最もウザいと感じる「忙しい自慢」のセリフランキング

複数の“忙しい自慢”と取れるセリフを選択肢に、最もウザいと感じたものを選んでもらいました。

まず、5位は「全然飲んでない」で6.8%の人が選んでいます。飲んでない、すなわち「(忙しいから)全然遊びに行けてない」とアピールするセリフですね。

4位は、7.2%の人が選んだ「デートしてない」です。こちらは特に、“対異性”との遊びについて言及しています。

それでは、特に票を集めた“3強”のセリフを紹介していきましょう。

■3位:「休み取ってない」(21.9%)

「休んでいることが悪いかのようなニュアンスで言われるのが嫌だ」(20代女性)、「言われても、『大変だねぇ』しか言えない」(30代男性)といった声が寄せられました。

旅行に行った話などをした際に、「おれなんか(わたしなんか)夏休みナシだよ」というテンションで発せられることが多いようです。

■2位:「身体がボロボロでさぁ」(25.4%)

50代・60代では、このセリフが1位となりました年をかさねるとこの“不健康自慢”とも言うべき会話が増えるようで、セリフから醸し出される暗いムードに辟易としている人が少なくないようです。

■1位:「寝てない」(27.2%)

堂々1位となったのは、“忙しい自慢”の定番ともいえる「寝てない」でした。

「昨日2時間しか寝てない」や「この3日間で6時間しか寝てない」など、具体的な数字をもって言われることがリアクションのハードルを上げるようです。

「じゃあいま寝ろよ、と言いたい」
(30代女性)、「仕事を終わらせられないダメな人の印象がある」(40代男性)といった声が寄せられました。

僅差での1位ではありましたが、“寝てない自慢”の強さがうかがえる結果となっています。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年9月19日~2014年9月22日
対象:全国20代~60代男女計456名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス