10代20代の女性に絶大な人気を誇る西内まりやさん。モデル、歌手、女優と幅広く活躍する裏側には、知られざる努力とストイックさがありました。

「なりたい顔ランキング」1位に選ばれる人気ぶり

1993年12月24日生まれの21歳。福岡県福岡市出身。2007年から二コラの専属モデルとして活動し、翌年女優としてもデビューしました。2010年にはSeventeenの専属モデルに。

現在はモデル・女優・歌手・タレントと幅広く活動しており、10代の「なりたい顔ランキング」1位になるなど、若者に絶大な人気があります。

成功の裏にはスポーツ仕込みの精神力があった!

西内まりやさんは、お母さんは水泳の元国体選手、親戚にはラグビーやボート、バドミントンなどの全国レベルだった選手がいるほどのスポーツ家系。

そんな環境の中で育った彼女は、5歳の頃からお母さんが経営しているスイミングスクールで泳いでいたそうです。

そして、小学校3年生から中学2年生まではバドミントンに打ち込み、毎日の日課はプロテインを作って飲むことだったそう。

本気でバドミントン選手になることを目指しており、バドミントン中心の生活を送っていました。その実力は福岡市内の大会でも4度も優勝するほど…!

芸能界に足を踏み入れたきっかけ…

芸能界に入るきっかけとなったのは、2006年の夏、福岡市内に遊びに行った時に芸能事務所のスタッフからスカウトされたことです。

同じ年の10月に福岡第一高校と第一経済大学付属高校が合同で開催している学園祭「パラマ祭」の「中学生カラオケ選手権」にダンスユニットとして出場し、グランプリを獲得しています。

恩師である監督への裏切り

バドミントン部の厳しい監督に「どんな気持ちでやってきたと思ってるんだ!」と怒られた

出典 http://www.nikkansports.com

本格的に芸能活動を始めたのは、2007年の7月、『二コラ』の専属モデルとして活動を開始した時です。

この年の10月、福岡から東京を往復する生活をやめ、お母さんと一緒に東京へ引っ越すことを決意します。その決意を6年間打ち込んできたバドミントンのクラブチームの監督に話すと、「どんな気持ちでやってきたと思ってるんだ!」と怒られたそうです。監督は日本一の選手になりたいというまりやさんの決意を現実にするため、本気で鍛えていたので、その時のショックは大きかったようです。

後に2人は「法律のできる相談所」で再会を果たし、まりやさんは監督にバドミントンで得た経験が今のお仕事に役立っていると感謝の言葉を伝えました。

実は学生時代イジメに逢っていた…

「友達」

実は私も前にその大切な存在を、1番信用していた人からの裏切りがキッカケで全て無くしたことがあるの

その人を中心にクラスの全員に無視されたり私物がなくなってたり他にも言い出したらキリがないけど、、
そんなことを毎日されながら"何が楽しいんだろう"と心の中で思って表では平気なフリして笑ってた。

いつでも壁に向かって全力でぶつかってきた彼女も、人間関係という壁に当たります。

学校で「なんでアンタがモデルやってんの」と悪口を言われたり、私物を隠されたり、クラス全員に無視されることも…。まりやさんが載っている雑誌を破られたこともあるそうです。

その当時を振り返って、人を信用できなくなったこと、下向いてばかりでため息ばかりついて「最近笑ってないなぁ」と感じたことをブログで綴っています。

状況を改善するきっかけになったのは、お母さんのアドバイス。勇気を振り絞って「周りを巻き込まないで堂々と全て私の前でやって」と言って、笑顔で学校に行くことにしたそう。それからイジメはピタリとなくなったそうです。

スポーツで培った精神力と持ち前のポジティブさでイジメを乗り切ったんですね!

最大の武器は「明確な目標」に対するストイックさ

現在歌手としても活動している西内まりやさんですが、その実力に驚かされた方も多いはず!

実は彼女は中学2年生の頃から歌のレッスンをしてきたそうです。小さいころからピアノを習っていたため、引き語りもしています。事務所のレッスンにも真剣に取り組み、ダンスもできるそう!


よりたくさんの人に届く歌声を響かせるために「一日5分でもいいのでスタジオに行って発声、自分の歌声を録音して研究、感性を磨くことに毎日没頭しています」とのこと。さらに睡眠時は喉ケアのためにマスクを着用、さらに乾燥させないように口閉じテープもつける徹底ぶりだ。

出典 http://news.ameba.jp

出典 YouTube

ずっとピアスの穴を開けていなかった

そのプロ意識やストイックさに驚かされるエピソードはまだあります。

実は時代劇に出ることが夢だったので、ピアスの穴をあけずにいたんです!モデルという職業上大変だったのでは?と思いますが、夢を実現するために本気で取り組む姿勢がスゴイです。その甲斐もあり、今年『かぶき者慶次』に初出演することができました。

好きな言葉は「一生懸命」だという西内まりやさん。様々な苦難を乗り越え、そのストイックさがあるからこそ目標に自信が持てるのでしょう。これからの更なる活躍が楽しみですね!

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

様々な視点から記事を書いていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス