天気がころころと変わりやすい梅雨時。お気に入りの靴でお出かけしてたら、急に雨が降ってきて靴がびちょびちょに!なんてこと誰でも1度は経験がありますよね。

放っておくと、形が崩れて異臭を放つ最悪な事態になりかねません。お気に入りの靴をスグに乾かす方法とついやりがちな靴を傷める原因とは?

突然の雨のせいで、靴が!!

靴ってスグに濡れますよね…。

自分の身をなげうってでも、靴は守る!

濡れてしまった靴を早く乾かす方法とは?

雨の日に濡れてしまい、残念な姿になってしまった靴…。出来れば明日も履きたいのに、どうしよう。そんなときは、家にあるものを利用して室内で乾かしちゃいましょう!濡れた靴を早く乾燥させる方法をご紹介します。


1. 中敷きを外す

ひもは緩めてマジックテープ部分は開いて通気をよくしておきます。

出典 http://majonochie.com

中敷きのある靴の場合、水分を含んだ中敷きは最初に取り外してしまいましょう。スニーカーの場合は紐なども解くと、乾きやすくなります。

2. 新聞紙を詰める

新聞紙を縦半分に切って、くしゃくしゃにしたあと、一度広げてやわらかくふわりと小さく丸め直して詰めるのがコツです。新聞紙が湿ってきたら何度か取り替えておくと早く乾燥しますよ。

出典 http://majonochie.com

新聞紙は昔から、よく聞く方法ですね。入れっぱなしにするのではなく、濡れたら交換してベランダ等で陰干しすれば十分乾きます。

3. つま先を下にして乾かす

水分がでてくる気がして、かかとを下に干す人が多そうですが…実際は逆がいいんですね。

干すときは、つま先を下にすることで水分が下に落ちて、詰めた新聞紙が吸収しやすくなります。外が雨でまだ、外には干しづらい時は室内で干しましょう。

4. ハンガーにつるす

室内で干すときに便利なのが、ワイヤーのハンガーです。両端の部分を上に折り曲げると、靴を干しやすい形になります。もちろんつま先を下にして、干しましょう。

ワイヤーのハンガーなら、折り曲げるのも簡単ですね。でもこれだけでは、まだ乾きが遅い場合には風を当ててみましょう。

5. 熱風はNG!扇風機で乾かす

扇風機を用意して、その吊るした状態の靴に中程度の風を当てます。
風がよく靴に当たるように首の角度を調整して下さい。

風を当てるのは水を吸わないソール部分ではなくて、布地部分に集中させてください。

出典 http://xn--p9jbr9b1a6d5316g.com

扇風機を使って、風を当てると乾くスピードも上がります。より効率よく風を当てるには、首の動きが自由なサーキュレーターもオススメですよ。

ドライヤーはNG!

靴を早く乾かしたくて、つい使ってみたくなるのがドライヤーです。確かに上手くやれば髪を乾かすように早く乾くのですが、熱風のせいで靴の材質によっては靴底の接着剤が溶けて、めくれてしまうこともあります。

出典 http://xn--p9jbr9b1a6d5316g.com

良く使いがちなドライヤーは、靴を乾かすのはNGです!大切な靴を守るためには、必ず冷風を当てるようにしましょう。ドライヤーでも冷風なら大丈夫です。

突然の雨で濡れてしまった靴もちゃんと乾かせば、臭わずほとんど元通りになります。お気に入りの靴はきちんとケアして、大切に履き続けてください。

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス