記事提供:まぐまぐニュース!

ここ数年、子供のいじめに関して探偵に相談を持ちかける事例が増えているという。先日、MAG2 NEWSでもいじめ問題を見て見ぬふりをする教師たちの記事を紹介しましたが、その背景には学校側への不信があるのではないでしょうか?

しかし、一方でいじめが起きるのは学校だけではないというのも事実。今回は、いじめ調査の第一人者と言われる本物の探偵さんが、いじめの現場とその解決までの道程を生々しくレポート。

実はいじめをしている子供たちにも加害者意識がないために、問題が発覚しにくいという実情もあるようです。

あの日、少女に起きた事

その子が居なくなったと連絡を受けたのは、つい最近のことである。

連日、変質者による子供の被害事件のケアに当たっていた私は、背筋に寒気が走った。

いじめに関する調査界の第一人者と言われるようになってからというもの関連するような家庭問題や体罰や非行、引きこもり問題等、様々な問題の相談が寄せられるようになった。

最も多いのは、親子間のコミュニケーションに関する相談である…。

(なんで、探偵の私に相談するのか…)

素朴な疑問が生じるが、可能な限り応えるのが身上である。

この日、相談をしてきた母親は、電話の先で震えながら、何かを堪えるような声であった。

探偵・阿部(以下、阿部)「警察には行きましたか?」

母親「もちろんです」

警察には捜索願を出し、家族全員で心当たりは探しているという。

この日は、この娘さんの誕生日であった。中学生になり、新たな友達も増え、はじめての誕生日。彼女の友人らがパーティーを開いてくれるということになり、友人のみに祝ってもらうのは、生まれてはじめての彼女は、1週間前から、緊張していたそうだ。

ところが、誕生日会に向かった後、彼女は姿を消してしまった。

誕生会の会場となった友人宅は、両親が不在であり、友人のみであった。その友人らは不審な点は何も無かったと答えたそうだ。

しかし、家を出たのは、だいたい15時頃。徒歩での所要時間は、およそ10分。

この電話は20時頃であるから、帰宅予定は17時前であろう。パーティーは1時間ほどだと考えられる。

その時間の問題を確認すると、電話口の母親は、若干違うが、ほとんど合致すると言っていた。

場所を聞くと、事務所から車で15分ほどの近場であった。

サザビー「行ってこいよ。気になって仕方ねぇーんだろ?」

電話の応対を、横のデスクで聞いていた代表代理のサザビーとは、もう10年以上パートナーとして、苦楽を共にしてきた仲である。

阿部「わかりました。電話では厳しい内容なので、私がそちらに伺います。駐車場はありますか?」

およそ20分後。私は彼女らの自宅に到着していた。

そして、母親に当日の娘さんの服装を聞き、顔写真をもらった。自転車で急いで戻ってきた高校生の兄を車に乗せ、すぐに会場になったという友人の家に向かった。

徒歩で10分の距離、車で飛ばせば、3分も掛からない。

玄関で名乗り、家に上げてもらい、私は室内を観察した。そして、不自然さを感じた。

例えば、誕生会といえばケーキやろうそくがあるはずだが、そうしたゴミも無かったし、特徴のあるケーキの箱もなかった。

友達が失踪しているというのに、その子の誕生会を開くほど、仲の良い友人らは、淡々としている。

普通なら、主役の居なくなったケーキは、居場所を失い、冷蔵庫にでもあるだろうし、誕生会をしてケーキを食べたなら、残骸として、ケーキを覆うプラスティック製の型やロウソクのゴミ、厚紙で作られた箱があるであろう。

心配でおかしくなる子もいるであろうし、連れ去りの可能性があるのなら、これだけの時間が経てば、親が迎えに来ても不思議はないのに、誕生会に参加した子どもらは、この場にほとんど居るということであった。

子供たちが無邪気に行った「ダメだし」で少女が失踪

阿部「本当に誕生会したの?」

唐突に私はそう尋ねた。一瞬、その場にいた男の子の表情が強ばった。

阿部「して無いんだな?」

そう言うと、その男の子は、すぐ横に置いてあったカバンを自分の身に引き寄せて、私を見上げた。

カバンを取り上げ、私はすぐにその中身を見た。すると、中にはタブレット(iPad)が入っていた。

その中身にあった動画には、テーブルを囲む彼らが、お誕生日席に座る少女に、罵詈雑言を浴びせるというものであった。

彼らは「ダメだし」と言っていたが、数日前から落ち着きを無くすほど楽しみにしていた少女にとって、これは、何よりも辛い暴力であると言えた。

彼らはお笑い芸人は、それを「おいしい」と思うと言う。お笑い等は、放送作家がいて、視聴率を取りたいディレクターが、より過激に演出し、番組に出演したい芸人が、その要請に応じる形で、だいたいはできている。

そもそも、少女はお笑い芸人では無い。

阿部「これが終わったら、飛び出したんだな?」

男の子「そうです。バーンってドアを閉めて」

阿部「ん?ニキビ小僧、もう一度、教えてくれよ、ニキビ小僧」

男の子はムッとした顔をした。

阿部「あれ?おいしいと思ったんだけどな。ここでボケなきゃ」

彼らは全員、うつむいた。顔を上げる事ができず、まずいという表情になった。

阿部「これで、自殺でもしようものなら、君らいじめの実行犯だな。俺が2チャンネルにでも、全員さらしてやるよ」

彼らは押し黙ったまま、半ベソのような表情になった。

阿部「心当たりを全部言え」

彼らは、心当たりの場所を言い始めた。その場所に、すでに行って探している場合は、一緒にきた兄が「違う!」と言う。兄の形相は変わり、一人一人を目に焼き付けるように睨みつけていた。

これだけの時間だ。泣きながら走り出て、事故にも遭わず、公園なんかに行けば、目立つだろう。そうなれば、何かの屋内にいると考えるのが自然だ。

阿部「何かの建物。みんなで行ったような建物はないか?」

建物はあった。

花火大会があった日に、当時、小学生であった彼らは、近くの団地の屋上に上った。

その屋上はいつも施錠されているが、エレベーターホールにある小さなポストに合鍵がいつも置いてあり、それを知る、この団地に住む友人が、勝手に開けて屋上に上がっていたのだ。

場所は兄が知っていた。ちょうど、この会場になった友人宅の玄関から直線上であり、近かった。

私と兄は、家から飛び出し、走ってその団地へ行った。エレベーターで上がると、屋上のドアに鍵は閉まっていなかった。

身を低くしてドアを開け、私は兄に、右を探すように指を振った。兄は軽く頷き、戸を慎重に開いた。

そこから先は、探す必要はなかった。少し飾っているスマホを握りしめたまま少女は、座りながら泣いていた。

私は兄に少女を任せ、母親に電話した。

阿部「今、見つけましたので、連れて帰ります」

自宅に着くと、母親はホッとした表情を浮かべていた。愛犬と共に探していた父親は、娘を抱きしめて泣いていた。そして、愛犬は全身で喜びを表現していた。

翌日には、加害者全員が親に連れられて謝りにきたそうだ。とんでもないことをしてしまったと親の対応を見て、子どもらも事態の重大さに気付き、泣いて謝ったそうで、一旦は終結したそうだが、少女の心の傷は深い。

そして、つい先日には、同じようなシチュエーションで、誕生日ケーキに顔面を押し付けられ、そのクリームまみれの顔を写真や動画に撮られ、同級生に動画などを回された少女が自殺未遂を起こした。

私に出来ることは、証拠を適切に収集し、書類をまとめ、被害を受けた子に寄り添うだけである。

同時にそのケアに心を割き、苦しみをもつ家族の話を聴くのみである。励ましなどは、余計な枷になることは、よくわかっている。

だからこそ、頑張れとは言わない。時には休めと言う、その間は、私に任せなさいと。

※当事者の許可を得てメルマガで紹介したものを引用しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス