補聴器使用者の自転車を警官が止める件

6月1日から道交法が改正され、自転車に関する取り締まりが厳しくなっています。

この中で、イヤホンで音楽を聞きながら運転することが禁止になっているのですが、聴覚障がい者の「補聴器」がこれと間違われて呼び止められてしまうとのこと。

それについてはまあ、ある程度仕方のない部分もあると思うのですが、上記の記事にあるように

「紛らわしいから外して乗って下さい」

という呼び止めた警察官の「逆ギレ」とも取れる対応が私の方にもいくつか報告されており、現在、警視庁のマニュアルを問い合わせているところです。

誤解や横柄や対応がないよう、改善を要求していきます。詳しいことがわかりましたら、追ってご報告いたします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス