忙しい朝にピッタリな簡単ポニーテール

出典 http://yuigami.com

ささっとまとめ髪が作れるポニーテールは、簡単ヘアアレンジの代表。特に夏の暑い期間は、アップスタイルが多くなりがち。しかし、まとめるだけでは手抜き感が否めない…疲れて見える…そんな風に感じたことはありませんか?

そこで、2分で出来る華やかポニーテールアレンジをご紹介したいと思います。

Day1.「ゆるめ技」で今風ポニーテール

出典 http://weheartit.com

①顔周りの髪を残してポニーテールを作る。
②全体のバランスを見ながら毛をゆるませてルーズ感を作る。

こうして全体を緩ませる事で、こなれた感じに仕上がります。頭頂部、サイドを中心に崩していきましょう。少々寝癖がついていようと、このテクニックを使えば問題なし!忙しい時に覚えておきたいヘアアレンジですね。

出典 https://instagram.com

前髪・顔周りの髪を残して大胆に緩めたスタイル。ヘアピンのアクセントで、ルーズな中に可愛らしさがチラリ。「ゆるめ技」のコツは、結んだゴムの位置が変わらないように手を添え、気持ち大胆に緩めていく事。

Day2.「くるりんぱ」を使って時短おしゃれスタイル

出典 YouTube

「くるりんぱ」とは、結んだ髪を2つに割ってクルンと中にいれこむヘアアレンジです。
これを使うと、時間のかかる編み込みをしなくとも、華やかなスタイルを作れます。

出典 https://instagram.com

くるりんぱを作って全体的に髪を緩める。ボリュームが欲しい時は、逆毛を立てても可愛いですね。どの角度から見ても、スッキリまとまったオシャレ感たっぷりのアレンジ。

出典 https://instagram.com

ミディアムヘアのローポニーも、古臭い印象になりません。顔周りの毛を遊ばせると、よりオシャレな雰囲気になりますね。

Day3. 「フラワーポニテ」でガーリーに

「フラワー」ポニテール

出典 http://glamradar.com

ゆるい三つ編みで「フラワーポニテール」。簡単なのに、女のこらしい印象に。

Day4.「片方三つ編み」を組み合わせたヘアアレンジ

出典 http://blog.crooz.jp

①サイドの髪を分けてピンでとめて残しておく
②後ろの毛をくるりんぱしておく
③残しておいたサイドの毛を三つ編みにする
④三つ編みの毛を引き出して崩す
⑤くるしんぱしておいた毛束に巻き付けピンで固定

一見、とても複雑そうに見えますが、慣れれば2・3分で出来上がります。このパターンを覚えておくと、アレンジ幅がぐっと増えそうですね。

Day5. ロングワンピに合う「編み込み」ポニテ

出典 http://www.makeupwearables.com

髪が短い方でもこのヘアスタイルができます。

Day6.「くるりんぱ」と「ねじりんぱ」のコンボポニテ

出典 https://instagram.com

後ろでくるりんぱを作り、両サイドから三つ編みを持ってきているパターン。これなら結婚式などのお呼ばれヘアとしても完璧ですね。カジュアルな服装との相性も良さそうです。

Day7. フィッシュボーンアレンジ

出典 http://blog.freepeople.com

特に髪が長い人におすすめです。ルースからタイトな編み込みまで好きなスタイルを選べられます。

出典 http://www.cosmopolitan.com

海外の女優にも好まれたヘアスタイルですね。

上手に今風ポニーテールを作るコツは?

出典 https://instagram.com

■ポニーテールを作る前に髪にワックスをつけておく
単純に、髪がまとまって扱いやすくなります。その上、サラっとしているよりも、毛束感が出た方が今風ポニーに仕上がります。

■「ゆるめ技」は大胆に!
きちんと感が出ると、どうしても野暮ったい雰囲気に…コームで少しずつ崩すよりも、指でつまんで引っぱり出す感じで。もし、崩れが気になる方は、仕上がり時にスプレーを振っておくとよいです。

■髪をゆるめに巻いておく
巻くひと手間で、ぐっと今風ポニーに近づきます。朝巻くのが面倒な人は、夜気持ち強めに巻いて寝ると翌朝ちょうど良いです。元々クセがある方は、それを活かせるのでそのままで。

時短ポニーテルアレンジいかがでしたでしょうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

朝は何かと忙しく、時間に追われて家を出る方も多いと思います。毎日同じヘアスタイル…たまには変えてみようかな?そんな時には、簡単ポニーアレンジで回りと差をつけちゃいましょう。華やかなバレッタ・シュシュをつければ、デートやお呼ばれスタイルにもバッチリです。是非、試してみて下さい!

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

様々な視点から記事を書いていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!