インドネシアのジャワ島やバリ島で行われる、人形を用いた伝統的な影絵芝居『ワヤン・クリ(Wayang Kulit)』。10世紀には既に演じられていたことが記録されている…そんな伝統的なワヤン・クリと、人気アニメのキャラがコラボ!?した作品が、妙にアーティスティックでカッコイイ!と、海外のサイトで話題になっていたので紹介したいと思います。

こちらの作品。言わずと知れたジブリの名作『もののけ姫』ですが、妙にアーティスティックでカッコイイと話題になるだけあって、ワヤン・クリの伝統的なスタイルを崩すことなく、アニメの良さを引き出したこの作品は、何か新しい可能性を感じるような気がします。

なお、この作品はインドネシアのアーティスト“manzur ghozaali”さんが制作したもので、『もののけ姫』のほか、『ワンピース』や『NARUTO -ナルト-』など、人気アニメをたくさん“ワヤン・クリ風”に仕上げています。では、今までにない前衛的なアニメキャラのコラボイラスト。一挙にご覧下さい。

エボシ(もののけ姫)

モンキー・D・ルフィ (ワンピース)

ロロノア・ゾロ(ワンピース)

ナミ(ワンピース)

サンジ(ワンピース)

ウソップ(ワンピース)

トニートニー・チョッパー(ワンピース)

うずまきナルト(NARUTO -ナルト-)

自来也(NARUTO -ナルト-)

うちはサスケ(NARUTO -ナルト-)

いかがでしたか?

あまりに魅力的であり、新しい世界観をも感じる“manzur ghozaali”さんの作品の数々。このイラストを人形化し、実際に『ワヤン・クリ』を見てみたいと思ったのは、きっと僕だけじゃないはずです。

伝統の影絵芝居と人気アニメの奇跡のコラボ。以上『インドネシア伝統の影絵芝居“ワヤン・クリ”風に描かれたアニメのイラストが興味深い!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス