こんにちは、シノヅカヨーコです。

芸能人の来店情報が従業員から漏えいし、りそな銀行が謝罪するという事件がありました。従業員の親族によるTwitterがキッカケで明るみとなったこの事件。当事者のアカウントは大炎上し、個人情報が特定され、晒されるという騒動が起こっています。

インターネットを使っているとこうした「炎上」に遭遇することは少なくありません。しかしはたして、このような「晒し行為」は必要でしょうか。

身内から聞き出した芸能人来店情報をツイートして炎上

2015年6月8日、りそな銀行は特定の顧客の来店情報がTwitterに漏えいしていた件について謝罪をしました。

これは、りそな銀行中目黒支店に勤める従業員が、その家族に芸能人の来店情報などを漏らし、家族がTwitterにその内容をツイートしていたというもの。漏えいの被害にあったのは、人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバーなど。

さらにツイートでは、従業員が芸能人が契約の際に使った免許証をコピーして持ち帰っていたことも明らかに…。

Instagramアカウントや顔写真まで晒されるハメに…

これを受けてTwitterでは、ツイートしていた張本人の個人情報を特定し、インターネットに公開するという「晒し行為」が横行。証拠写真として当該ツイートのスクリーンショットがばらまかれるだけでは済まされず、Instagramのアカウントが特定され、顔写真まで晒されたほか、ツイート情報から年齢や本名まで割り出されるという事態に。

このようにネット上で行われる「私刑」は、メディア・リンチとも呼ばれます。

メディア・リンチとは…

犯罪事件などを中心に、主として、ワイドショー、週刊誌、ニュースショー、パパラッチなどによって、庶民感情の犯罪への憎悪や覗き見趣味を煽る形で事件にまつわる被害者、加害者を問わず、人間関係やプライバシーなどがマスメディアによって当事者の意向が無視された状態で一方的に流されてしまうことでプライバシーの侵害や名誉毀損が行われている状況の総称。

出典 http://ja.wikipedia.org

懲戒解雇や高額な損害賠償請求を受ける可能性も…

今回の事件で、りそな銀行は使用者責任を問われ、損害賠償請求、窃盗罪、横領罪、不正アクセス罪…といった罪に問われる可能性があります。情報を漏えいさせた従業員は懲戒解雇となる可能性が高いでしょう。

さらに、従業員は情報漏えいの被害者となった芸能人や所属事務所から、損害賠償請求を受けることも。

情報を漏えいした従業員は、職を失うだけではなく、高額な賠償を求められる可能性があるのです。

正義感を振りかざす前に…一度考えたい私刑の是非

情報漏えいをさせた従業員や、それをインターネットに公開してしまった本人は、確かに愚かです。「晒されたって自業自得でしょ」と思う方も少なくないでしょう。

しかし、職も失い、高額な賠償請求となった場合、当事者の生活は大きく一変することとなります。

家や車といった財産を手放すことになるかもしれませんし、本名や顔写真が晒されれば、再就職にだって影響を及ぼすことになるでしょう。家族や兄弟の個人情報まで暴かれた場合、そちらの仕事にも響いてくる可能性だってありますね。

今回のように炎上し、個人情報があちこちに晒されるケースは少なくありません。

しかしこのような末路をたどった結果、もしも重責に耐えかねて関係者が自殺を図るようなことがあったとしたら。正義感を振りかざした「晒し行為」は、後味の悪い結末を迎えることになるかもしれません。

メディア・リンチは名誉棄損罪に問われるケースも

また、インターネットに不本意に本名や顔写真を晒し上げる行為は、名誉棄損罪に問われる可能性があります。

「本人がインターネットにあげた写真なんだからいいだろう」

「個人情報を特定されるようなことを書くからいけないんだ」

そんなことを言うひともいるかもしれませんが、これは大きな誤りです。本人にとって不本意な晒し行為は、それが事実であるかどうかにかかわらず、罪に問われるリスクがあることを頭の片隅に置いておきましょう。

本当にシェアすべき? 拡散するまえに一度冷静になろう

「制裁を加えてやりたい」
「再発防止や抑止力になるに違いない」
「悪いことをしたんだから反省させるためにやった」
「他人の悪事を暴くのは楽しい」

晒し行為をする理由はさまざまです。TwitterなどのSNSをキッカケに事態が明るみになり、改善に運ぶケースだってありますから、一概に悪いことであるとは言い切れません。

しかし、住所や氏名、顔写真などの個人情報まで晒し上げる必要はあるのでしょうか。

あなたが晒した他人の個人情報がきっかけで、いつか誰かが自殺を図ることになるかもしれません。

そのとき、あなたはどう思いますか。悪を罰することができたとよろこびますか。自業自得だと笑いますか。それとも、後味の悪い思いをするのでしょうか。

それは、はたして正義でしょうか。

炎上するようなネタを見つけるとつい拡散したくなってしまいがちですが、一度冷静になって考えてみることも必要かもしれません。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら