「どうでもいい男には甘えられるのに、好きな人にだけなぜかうまく甘えられない…」

こんな悩みを抱えている女子って意外と少なくないんじゃないでしょうか?
でも、これって実はごくごく当たり前のこと。

異性として意識していない人には、“わがままなやつだなあ”と思われたところで傷付かないことを分かっているから、甘えたり距離を縮めることが難しくありません。それに対して、好きな人には「嫌われたくない!」の一心でつい遠慮してしまいうまく甘えられなくなってしまうのです。


◆恥ずかしくて甘えられない!

◆そんなキャラじゃないし!
◆彼に重荷に思われたくない…

女子が、“本当は甘えたいのにうまく甘えられないジレンマ”に陥ってしまう理由は主にこの3つ。今回は、それぞれのケースごとにとっても簡単な解消法を紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

◆恥ずかしくて甘えられない!の解消法

恥ずかしさを解消する必要は一切ありません!

と言ってしまうと元も子もないようですが…女性の照れたり恥らっている姿にキュンとするという男性は実はとても多いのです。だから、解消しちゃうなんてもったいない!恥ずかしいまま、甘えてしまっていいんです!普段、クールなあなたが挙動不審になりながら甘えて来る姿はきっとカレを喜ばせます。

◆そんなキャラじゃないし!の解消法

「私、甘え下手なんだよね」と、はじめのうちに、自分からカレに自己申告しちゃいましょう!無理にこちらから甘えに行くのではなく、甘えさせてくれる状況を相手に作らせちゃおう!いう発想の転換です。
もし上手に甘えられないときでも、「甘えてこない=俺のこと好きじゃない?」という誤解を招かせないための予防策にもなります。

カレに重荷に思われたくない…の解消法

カレに、“重い”、“面倒くさい”と思われるのはたしかにとっても怖いこと。でも、男性が“重い”と感じるときは、自分と相手の想いに温度差があるときです。普段から、お互い好きあってると感じることができているなら、ネガティブな感情を捨てて思い切って甘えることはとても大切。
親密な仲になっているにも関わらずいつまでも甘えてもらえないのは、カレからすると「俺って頼りないかな…?」と、寂しさを感じてしまいます。

あなたが甘えることでカレがさらにイイ男に進化!

男性は、甘えられたり頼られたりすることで自分に自信を付ける生き物。あなたが上手に甘えることは、ふたりの仲が深まるだけでなく、カレの人間的な成長にも繋がります。

ここまで聞いてもまだあなたは、カレに甘えることをためらいますか!?


▼もっと詳しくはこちらから▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス