商品への虫の混入が原因で販売を休止していた「ペヤングソース焼きそば」が8日、関東の一都六県で販売を再開しました。

「ペヤングソース焼きそば」、販売再開!

出典 http://www.sankei.com

読売新聞が報じたところによると、都内の飲食店では「全日本ペヤング愛好会」の数人が集まり、販売再開を祝う会を開いたそうです。

「全日本ペヤング愛好会」とは?

出典 http://blog.goo.ne.jp

「あの独特の味をみな渇望している」。甲府市の会社経営、奥山祐治さん(55)は話す。10代のころから独特のソースと縮れた麺のとりこになったという奥山さん。海外で約10年暮らしていた際も、日本での値段の3倍を超えるペヤングを日本食ストアで買い求めていたほど、生活に欠かせないものとなっているという。

少なくとも週4個は食べ、ペヤング好きが高じて3年ほど前には「全日本ペヤング愛好会」という組織を立ち上げ、グラタンや軍艦巻きなどの調理法を仲間と披露するイベントを開くなど活動を続けてきた。

出典 http://www.sankei.com

産経ニュースが上記のように報じた通り、奥山さんという方が約3年前に立ち上げ活動している「全日本ペヤング愛好会」。

『ZIP!』が報じたところによると、会員数は180人以上。副会長の松嶋さんも8日の午前0時過ぎにコンビニに現れるなど、確かな「愛好会」ぶりを見せているようです。
というのにも、ワケがありました。

ネットオークションサイトでは、希望小売価格約170円(税抜き)の何倍もの値段で出品されている。こうした異常事態にも、奥山さんは「混乱に乗じ利益を得ようとする出品者にくみするのは真の愛好家といえない」と手を出さず、ただひたすら我慢の日々を送っているという。

出典 http://www.sankei.com

「ペヤングソース焼きそば」を愛してやまない奥山さん方は、オークションサイトで高値で取引される商品にも手を出さずに、この時をただひたすら待っていたのです。

「ペヤングソース焼きそば」は何が変わったの?

出典 http://www.hochi.co.jp

さて、そんな愛される「ペヤングソース焼きそば」ですが、今回の販売再開にあたり何が変わったのでしょうか?

《1》パッケージ改革

高い密閉性を確保するため、プラスチック製だった容器を発泡スチロール製に変更。以前はフタにプリントされていた商品名などのデザインを外装フィルムに施した。フィルムをはがすと出てくるフタはシール状に変えた。

フタには調理方法の手順が細かく記され、湯切り口は以前はフタの穴を開けるタイプだったが今回は、専用のシールをはがす形になった。注ぐお湯の目安量が500ミリリットルから480ミリリットルに少なくなった。

出典 http://www.hochi.co.jp

まず変わったのは、パッケージ。容器の素材が変わり、フィルムをはがすと出てくるフタがシール状になったそうです。

《2》異物混入防止策

小麦粉などの原料は納品時にフィルターをかけたりエアシャワーを施すなどして搬入。製造ラインにはセンサーカメラ、金属探知機、X線検査機などを置いた。

工場内は虫などの侵入経路となる壁や床などの隙間を封鎖。清掃を徹底し従業員には1日2度の高速噴射エアシャワーが義務付けられている。

出典 http://www.hochi.co.jp

もう一つが工場内の異物混入防止策。筆者が見たテレビ番組でも、徹底した衛生管理が報じられており、再発を断じて許さない姿勢が見受けられました。

なお、味やカロリー、値段に変更はないとのこと。まさしく“帰ってきた”この商品に、街はどんな反応を見せているのでしょうか?

ペヤング復活で街はお祭りムード!

早速盛り上がる店内を発見。

待望の復活!!

その波は羽田空港にまで!「お土産にいかがですか?」

ペヤングとは関係のない珈琲店までお祝いムードに。

つい新旧を比較してしまう人も。

使命感にかられて食べる人まで。

お弁当に入れてもらっちゃった人までいました!

新しいシール型パッケージで遊ぶ人や…

新たな食べ方を探っている方もいます。

GLAYのTERUさんは誕生日をペヤングでお祝い!

出典 https://instagram.com

偶然にも今日6月8日が44歳の誕生日だったGLAYのTERUさん。インスタグラムに

運命を感じずにはいられません(笑)ペヤング、祝・再販!ダブルで祝います(笑)

出典 https://instagram.com

と、投稿されていました。

いかがでしたか…?「全日本ペヤング愛好会」のみにとどまらず、予想以上のお祝いムードに包まれた「ペヤングソース焼きそば」の復活。皆さんもぜひ召し上がってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス