以前から筆者は悩ましかった「アルバイト」と「パート」について今回は調べます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まず最初に、調べる前に筆者なりの仮説を…。

「アルバイト」は、正社員ではない労働者で、時給で給与が計算される若い学生やフリーターなどを中心とした男女。

「パート」は、正社員でない労働者で、時給で給与が計算される主婦などで家計を支えている女性。

これは、言葉から筆者が今まで考えていたイメージです。「パート」は女性のことで、「アルバイト」は学生を中心とした若い男女なんです。

とはいっても、どちらも時給で同じような待遇じゃありませんか?その名称に雇用体系の区別や労働法上の区別や、定義みたいなものがあるのでしょうか?

例えば「パート」は、福利厚生が正社員並みに保障され、「アルバイト」は、保障されないとか、「パート」は有給や昇給があるのに、「アルバイト」はそれが無いとか、例えばですがそういった差のようなものがあればぜひ知りたいと思いませんか?

今回の投稿では、ネットでリサーチした「アルバイト」と「パート」の違い、若しくは同じなのかについて考えていこうと思います。

ではまずは「アルバイト」とは、なんでしょう?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ネットで情報収集することにします。

アルバイトは、ドイツ語で「労働」(Arbeit)いう意味です。

明治時代に、学生が、学費や生活費を補うために仕事をするとき、日本語で「仕事に行く」と言わずに、ちょっとシャレて「アルバイト」と言ったことが広まって、日本では学生が学びながら働くときに使われるようになりました。今では「ちょっとバイトしてくる」と、短くして使っていますね。

実際には、学生のほかに、役者を目指したり、正社員の仕事を探しながらアルバイトをしている人もいます。つまり、「本来するべきことがある人が、お金を稼ぐために空いた時間で働く」という使われ方をしています。

また、本業を持たずにアルバイトだけで生活する人を、フリーターと呼ぶこともあります。

出典 http://careergarden.jp

とても良い説明文が見つかりました。なるほどと思いますね。

アルバイトは、高校生・大学生やフリーターなどを対象としている場合が多いので、学校卒業後や就職後に辞めるケースが多いようです。したがって、比較的短期間のお仕事というイメージも一般的に持たれています。

出典 http://baito.jobrich.jp

なるほど…短期っていうイメージの非正規雇用かぁ…

アルバイトとは、企業の従業員のうち、非正規雇用者で、正規雇用者の正社員と比較して短時間労働をしている労働者のこと。

出典 http://m-words.jp

アルバイトは学業や本業を抱えた者が、副業としてやる仕事というニュアンスであるのに対して、パートタイマーはより正社員に近く、一定期間以上の継続した勤務として用いられる傾向にある。

出典 http://m-words.jp

ここでも同じようなことに触れれられています。何となく「アルバイト」より「パート」の方が長く働くイメージということのようです。

では、「パート」とは、なんでしょう?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

パートは「パートタイム」とも言い、英語の「パートタイムジョブ」(Part-time job)が元になっています。フルタイムで働く正社員より、1日の労働時間が短い働き方のことです。

日本では、子育てや介護、家事をするため、フルタイムの仕事は難しいという女性の働き方として広まりました。そのため「パート=主婦」というイメージが定着しています。 

出典 http://careergarden.jp

そうですよね、イメージなんですよね…。

『パート=部分的』という意味から、フルタイム勤務に対し、労働時間が短い者を指すというのが本来の意味のようです。 しかしながら、各企業においては、『時間給で働く家計補助的に働く女性』を意味して呼んでいるケースが多く見られます。

この場合、本来のパートという意味合いはなくなり、労働時間についてはフルタイムであるケースも多く見られます。

出典 http://www.igyoukeiei.com

そうですよねぇ。パートの方は社員と同じ時間働いていることもありますよね?

学生の「アルバイト」とは様子が違いますよね…。

法律上は、「1週間の所定労働時間が通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定められています。通常の労働者とは、多くの場合、正社員をいいます。この条件に当てはまれば、「パートタイマー」「アルバイト」「契約社員」など、呼び方は問いません。

例えば、正社員の週の所定労働時間が40時間の場合は、40時間未満の労働者が、パートタイム労働法の適用される「パートタイム労働者」になります。

出典 http://www.mhlw.go.jp

パートは社員より労働時間が少なくないといけないようですね!何となく色々な職場で守られていないような気もしますが…、法がそうだというのであればそうなのですね?

そして、ネットで調べものをしていくうちに、法的には「アルバイト」「パート」の区別が無いという記述が多数ありましたので、この区別は感覚的なものであると言えそうです。

ということで…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

それぞれ歴史的な事情はありますが、法律ではパート・アルバイトの定義や区別はありません。どちらも働く時間が正社員より短いので、「短時間労働者」という同じ仲間になります。

短時間労働者のなかでも、呼び方にかかわらず、実際に働いている時間や期間によって、失業したり、病気になったりしたときの保障(社会保険)などに違いが生まれます。

たとえば1週間で20時間以上、31日以上続けて働く契約をしている人は、失業したときに、雇用保険から失業給付を受け取ることができます。

パート・アルバイトの呼び方は、会社ごとに決めているものだといってよいでしょう。

出典 http://careergarden.jp

この説明で筆者は納得がいくのですが、読者の皆さん、いかがですか?

会社ごとの呼び名の意味は違っても、法的には「アルバイト」「パート」は同じということのようです!

筆者が最初の仮説として書いた内容は、イメージに過ぎませんでしたが、概ね一般的なイメージとの差異は無かったようです。

但し、雇用側からすると、「アルバイト」というと遊興費が欲しい若い学生が集まり、「パート」という生活費を少しでも稼ぎたい主婦が集まるというようなイメージの下、卒業したり他のバイトに行ったりしたら辞めてしまう比較的短期雇用な「アルバイト」と、生業に近いカタチで働いてもらう中長期雇用が視野の「パート」と、そういうアバウトな分類に便宜上使っている言葉のようですね。

法的には「契約社員」等も含め、非正規雇用は同じ扱いのようでした。

そして、「アルバイト」や「パート」がある理由。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

会社や店は、いつでも同じように忙しいわけではありません。人手を増やしたい時間帯や時期には、パートやアルバイトを雇います。

働く人にとっても、自分の都合に合わせて、時間が有効に使えるメリットがあります。

出典 http://careergarden.jp

なるほど…そうですよね!正社員か、まるっきり働かないかでは、色々な雇う側・雇われる側の事情も反映できませんものね!

ただ、今ニュースになっている、サービス残業とか、ブラック・バイトとか、良くありません。法に従って正しい労使関係をどの事業所も築いていけたら、非正規雇用の仕組みを利用して、労使共々もっと気持ちの良い世の中になりますね!

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス