たとえば、彼に心無い言葉で傷付けられてしまったとき。あなたはどんな行動を取りますか?
思いのまま暴言を吐いてケンカをすることは簡単。でも、それではすぐに関係が壊れてしまいますよね。だからあなたは、大抵の場合、“許す”ことを選択しているのではないでしょうか?

恋人に限らず、他人と共存することは“許す”ことの連続です。そこで今回は、相手を上手に許して、人間関係を穏やかに保つコツをお届けします。

◆“許す”と“我慢”は、似て非なるもの

はじめにしっかりと区別しておきたいのが“許す”と“我慢”は、似てるようでまったく違うということ。

◆許すこととは…
現実が自分の理想とは違っていても、ありのまま、そのままを受け入れること。「起きてしまったことは仕方ないからこれからのことを考えよう」という心の状態です。

これに対して、

◆我慢することとは…
受け入れがたい現実に対して自分を無理やり納得させ、諦めさせること。「本当はこうして欲しいけど、嫌われたくないから言わない」というふうに自分を押し殺すことは、本当の意味で許しているとは言い難い状態です。

「許せない!」という気持ちの裏には必ず、相手をコントロールしたいという気持ちが
潜んでいます。そもそも、これがすべての間違いでありいざこざの原因。

相手への勝手な期待や執着を一旦すべて捨てましょう。そこではじめて、あなたは相手を“許す”ことができるようになるのです。

◆上手に許すことで、自分もラクになれる

とは言え、許してばっかりではなんだかこちらばかりが損してる気分になってしまいますよね?でも、実はそんなことはないのです。

“許さない”ということは、ひとつの事柄にいつまでも執着している状態。当然、頭の中は四六時中そのことでいっぱいなので、知らず知らずのうちに心が疲れていきます。相手を上手に許すことは、自分自身を悩みから解放することにも繋がるのです。

◆ただし、“許す意味がない”男性には注意!

“許す”ことは心が成長していなければできない素晴らしい行動ですが、ここでひとつだけ注意。

世の中には“許す意味がない”男性も多数存在します!何度許せども相手に成長や変化が一切見られない場合、残念ですが、あなたは彼に完全にナメられています。そういうダメ男には半永久的に裏切られ続けますので、さっさと見切りをつけましょうね!

▼さらに詳しい内容はこちらから▼

▼こちらもあわせてどうぞ▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス