「こんにちはマイコン」という漫画をご存知でしょうか?1980年代当時のコンピューターの歴史や仕組みを交えながら、プログラミング方法を学んでいく学習漫画です。

驚くべきことに、今から33年前に発売されたこの漫画には現在パソコンで使われている技術のほとんどが描かれているのです。

漫画のなかの未来が現実に!

ニュース記事の閲覧、ネットバンク、ネットショッピングなど、私たちが当たり前のように使っているものばかりです。1982年には携帯電話なんてもちろんありません。ビデオデッキがやっと普及しはじめた頃で、ファミコンが発売されたのは翌年の1983年です。

当時の子どもたちは漫画に描かれている夢のような未来に胸をときめかせたことでしょう。

多くの少年たちがプログラミングに夢中になった

GLAYのHISASHIさんも!

当時の人気を例えるとしたら、プログラミング業界の「キャプテン翼」。「こんにちはマイコン」を読んでコンピューター、ゲーム業界の道へ進んだという人も多いのです。

作者のすがやさん自身がプログラミングに詳しい方なので、子ども向けといっても内容は本格的。当時のパソコンは今と比べるとオモチャのようなものでしたが、子どもたちの夢がたくさん詰まっていました。

現代の子どもたちに平成版「こんにちはマイコン」を

スマホのフリック入力は得意なのにPCのキーボード入力は苦手という子どもが増えているそうです。

いくら義務教育でプログラミングをやらせてもそれだけではなかなか上達しません。子どもたちにプログラミングを好きになってもらうことが一番です。

「こんにちはマイコン」を読んでプログラミングが大好きになった子どもたちがいま業界で活躍しているように、これからの子どもたちのために平成版「こんにちはマイコン」が登場してくれることを望みます。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス