先日、情報番組「とくダネ」で特集され、賛否両論の意見が番組コメンテーターだけでなく、ネット上でも沸き起こった「子供用ハーネス」またの名を「迷子ひも」。最近では街中でも見かけるようになりました。「ペットみたい」などと、否定的な意見も見られますが、実際に使っている方や賛成の方、使っていない方、そして反対の方、その理由をまとめてみました。

迷子ひも、子供用ハーネスとは?

出典 http://fesoku.net

ハーネスはリードや迷子ひもなどとも呼ばれ、歩き始めた頃の子ども(1~3歳でしょうか)に装着して親がひもの端を持つというもの。これが一般に普及している先進国もあるそうですが、日本ではそれほど頻繁に見かけません。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

子供の安全を考えて開発された商品ですが、その見た目にどうしても否定的な考えを持たれる方も多いようです。

使わない派の意見

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まずは反対派の意見をまとめてみました。放送された「とくダネ」では、迷子ひもを使う家族を一日密着。その後街頭インタビューを実施。実際に使う人、使わない人の意見が出ていました。

「使わない派」からは「ペットみたいに見えちゃう」「こっち(親)の都合じゃないですか、引っ張ったりするのって」「可哀相だなと思う。(子どもの)自由が利かないから」という声が上がっていた。

出典 http://news.livedoor.com

特に中高年世代からは否定的な意見が多く、「親が子どもから目を離さなければいいだけ」「育児をサボってる」のほか、「虐待だ」という厳しい意見もあります。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

使わない派の意見の多くに見られるのはやはり見た目や、年配のかたの経験談が多数。見た目に反対している人は、子育て未経験者や一人子育て中の親御さんが多く見られたように思います。

使う派の意見

出典 http://item.rakuten.co.jp

実際に使っている人の意見はいかがでしょうか?

「命には代えられないので、うちはちょっとの間着けてました」「ベビーカーって邪魔になるんで。紐をつけてあげれば、自分も歩けるし、子どもも歩ける」といった声が聞かれた。

出典 http://news.livedoor.com

使う派のいちばんの理由は、子供の安全を考えてのこと・・・

とくダネに出演する笠井信輔アナウンサーは、海外旅行時に迷子ひもを使ったことを明かし「(2歳の長男が)猛ダッシュする男の子だったので。何があるかわからないので、ひもつけていこうと」と「使う派」に共感を示した。

コメンテーターで作家の橋口いくよ氏は「大変なのはわかるんです。うちも妹が双子がいて」「入園式20分前に2人ともドブに落ちたんです」「何をするかわからない」と、同じく「使う派」に理解を示しつつも子どもに与える心理的な影響も心配していた。

出典 http://news.livedoor.com

実際の放送で流れた、コメンテーターの方の賛成派の意見です。実際に使った経緯とエピソードを交えての発言。とくに橋口さんのエピソードは仰天もの。多くの使用するご両親はこのように、予測不可能な子供の行動を心配してのことが多いようです。

長男は1歳過ぎで走り出し 危ないので手作りのハーネスを付けてました。その後 保健婦に 付けてるといずれ家庭内暴力になる可能性もあると言われ 親として悩んだあげくハーネス無しで息子を散歩に出かけたところ坂道から降りてきた車に向かって息子が走って行くではありませんか 親二人付いておきながらまるでニワトリを追いかける様で 冷や汗が出ました。結局 車が止まってくれて助かったのですが。。。

その時思いました。こんな子を育てた親しか分からないという事です。保健婦の言葉はあくまで参考で親が子供をよく見て判断するというのが現実的だと思います。その後もスポーツが好きで 好きなことばかりさせていたら オリンピック選手になりました。育てるのは大変だけど 立派な個性だと思います。やんちゃな子供を持たれたお母さん 堂々とハーネス付けて下さい 恥ずかしいことありませんよ。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

おっちゃんはロッククライミングするんやけど、ハーネス着けてロープ着けて、落っこちても死なんようにして登るんやで。冬山も登るけど、一人が滑って落ちても、みんなで支える為に、お互いの身体をロープで繋いで歩くんやで。アンザイレンっちゅーやっちゃな。誰もペットやの虐待やの思てへんで。

子供にしてみたら車の多い道歩いたり、街中の人ごみ歩くんは、おっちゃんの山登りと同じくらい危ないんちゃうかの?それやったら面倒だの見た目悪いだので、ノーロープで外歩かせる方が虐待なんと違いますか?そら、うちん中で寝るときまでハーネス付け取ったら虐待か知れんけどな。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

反対意見を持つ年配の方が多い中、こんな風に肯定的に捉える意見も。肯定派の多くは、やんちゃで元気なお子さんを持つ親御さんや、2人目3人目と子供がたくさんいるご両親に見られました。

実はこんな意見も・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

実際に使ってみて使えなかったというご意見も。使用する場合も、難しい場合もあることを頭に入れておくといいかもしれませんね。

私は自分が子どもだった時、大人と手をつなぐのは苦手でした。手を肩より高い位置で強い力で引っ張られるのです。痛いしだるいし、拘束感も強く辛かった。でもそれを大人に上手に伝えられないのです。子供が手をつなぐのを嫌がるのもわかります。リードは子供にとっても負担が軽くなり、楽できる道具だと思います。良い道具はどんどん使って良いと思いますよ。手つなぎが最適と思われる方は、一度ずっと手を肩より上にあげて過ごしてみてください。

「楽」は「悪」ではありませんよ。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

子供時代の自分の思い出から意見してくれる方も。

現在54歳ですが、母は「あんたは危ない子やったから、猿回しの紐ような物を作って使っていた」と確かに言っていました。姉はおっとりしていますが、私は小さい頃からジッとしていない落ち着きのない子供だったようです。今なら間違いなく発達障害と診断されていたでしょう。とても育てにくかったようです。そのような子には見栄えより安全を考えるのは親心ではないでしょうか?

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

実は昔から親は子供に合わせて育児を工夫していた。そんな中のひとつの方法なのかもしれません。

ほんとうに考えなければならないのは、別のところ・・・?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

逃亡するお子さんを必死で追いかける親御さんがいる一方、人ごみの中や駅のホームで小さなお子さんを自由気ままに独りで歩かせている姿を見ると、こちらが冷や冷やします。事故もありますが、誘拐だって起こりえます。子育て経験がないくせにと言われるかもしれませんが、危機感のなさに腹立たしさを覚えます。

手つなぎと抱っこで出かけていた母曰く、「世の中変わった、今だったら怖くて出来ない。」と。昔は~と批判する方、今は危険度が全然違いますよ。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

私も街中でよく見かける光景です。ほんとうに考えるところは「迷子ひも」ではないのかもしれません。

帰国子女が外国生活と日本の生活の違いを発表する会がありました。私も聴衆の一人として参加しました。聴衆はほとんどが外国生活をした親ちでした。そこで見た光景は今でも忘れません。2~3歳の幼児を連れてきた母親、子どもを上手に遊ばせているのです。隣の座席をあげ、そこに子どもの遊ぶ空間を作っていました。いくつかの遊具を持ち込み、子どもはそれに夢中で、親にものをねだったり、早く終われとだだをこねることがありませんでした。これは、急に出来ることではありません。普段の生活の中で、子どもの一人遊びの経験をさせていたのだと思いました。家の中を自由に走り回る子どもが、こうした会場に来ると飽きて仕舞い、騒いだり、走り出したりするのです。家での子育てのようすが、電車や一緒に歩くときにそのままの姿で出てしまいます。野放図に育てておいて、外出するときハーネスをつけなくては危険なのです。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

海外と日本の子育ての違い、環境の違いなどさまざまな問題点はありますが、これもまたひとつの意見ではないでしょうか?

傍若無人なベビーカーと違い、混雑した電車内でもハーネスは人に迷惑をかけない。幼児とてひとりの人間。その人間を拘束し、失敗学を学ぶ機会を奪うことが安心につながると思っているのなら、まわりを気にせず勝手に使えばよい。

幼児にスキンシップと学ぶ機会は必要だ。私の妻はおんぶ紐と抱っこ紐でふたりの息子を育ててくれた。私も時に背負うこともあったが、とにかく重い。冬でも蒸れる。しかし、常に息子と触れ合う安心感と、オムツ替えのタイミングがすぐわかることが、物理的距離がないことのメリットだと思った。

若かったとはいえ、それほど体力のない妻のベビーカーに頼らないという信念には頭の下がる思いだ。産みの苦しみを乗り越え、やっと出逢えた命。その命と常に向き合い、その命の安全を安易に他者に委ねることを許さない信念だ。

つかまり立ちを覚え、歩けるようになってからも息子たちを拘束しなかった。転んでも手を差しのべず、人にぶつかったら私たち親が怒られ‥。息子たちは失敗学を学ぶ機会があった。向こう傷の失敗は温室育ちのお子さまにはおよそ無縁だろうが、本人に失敗学を学ばせ、その尻拭いをしてやるのが親の役目のひとつだと私たちは考える。

どんなツールで、どんな方針で育児をするか。個々のリテラシーで決めるものだが、おんぶ紐や抱っこ紐であくせくしているママさんや育メンに出会うと、つい目を細めてしまう。

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

反対派ではあるけれど、とても理にかなった意見です。このような意見があるとなるほどと思うことも。もう一度、振り返ってみると「迷子ひも」「子供用ハーネス」以外の道具にもそれなりの良い利点があるのかもしれませんね。

ハーネス利用のママたちの、使い方に問題がある場合もあるのでは?おしゃべりに花を咲かせ、井戸端会議に利用していないでしょうか?リードを必要以上に伸ばして通りを妨げてはいないでしょうか?

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

実際に使う、親御さんのマナーを指す人も。使う人、使わない人・・・問題はそこではないのかもしれませんね。ほんとうに大事なのは、親としての世間へのマナーなのかもしれません。

迷子ひも以外の対策もあります!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

昔からあるピコピコ音の鳴る「笛付き靴」。その独特の音の可愛らしさとともに迷子防止にもなると人気です。ただし、歩幅の小さい子ども動くたびに音がなるので、「うるさい」という声もあります。そのほか、靴に鈴を付けるなどの対策もありますが、同じように騒音が問題になるかもしれません。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

迷子ひも以外にもこんなアイテムや、昔ながらの音の出る靴を使うという意見も。さまざまな工夫が子育てする両親の味方になっているのではないでしょうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

使う派、使わない派、賛成、反対。意見はさまざまですが、何よりも子供が安全にそして、ご両親が育てやすい環境を私たちも一緒に考えていくことが大事なのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

谷 澪 このユーザーの他の記事を見る

ライティング・コミュニケーション……極め中!人の心に響くことを目標に記事を書きたいと思います。明日ちょこっと挑戦しよう、今日の夜試してみよう、今度の休日の楽しみに!など、女性のワクワクのひとつになりたいです。笑顔が美人への近道。その気持ちで読んだ人を笑顔にする、時には涙する記事を書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス