雨も楽しんでみませんか?

いよいよ梅雨のシーズン。雨ってどうしても暗い気持ちになる方多いですよね…今回は雨が好きになれる言葉を紹介します!

美しい日本語!雨の名前

・春雨(はるさめ)春の後半にしとしと降り続く雨。

・卯の花腐し(うのはなくたし)初夏の頃、卯の花を腐らせるほど続く長雨。

・時雨(しぐれ)秋の終わりから冬の初めに降る冷たいにわか雨。

・分龍雨(ぶんりゅうう)夏に、まるで龍の体を分けるほど激しく降る雨。

・神立(かんだち)元は雷・雷鳴を指す言葉。次第に雷をともなった夕立、雷雨を指すようになった。

・喜雨(きう)夏、日照り続きのあとに降る雨。

・天泣(てんきゅう)雲がないのに雨が降ってくること。天気雨。「狐の嫁入り」とも言う。

・肘笠雨(ひじかさあめ)急に降り出した雨。肘を傘の代りにして軒先まで走る様子から。

出典 http://a.excite.co.jp

雨にもこんなに美しい言葉の種類があるのですね!

雨の日の結婚式

雨の日の結婚式は意外と幸せになれるというジンクスが多いんです!

ヨーロッパの言い伝えで、「Mariage pluvieux mariage heureux」(マリアアージュ ブリュヴィウー マリアージュ ウルー)という言葉があります。

和訳すると「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」という意味だそうです。新郎新婦が流す一生分の涙を神様が流してくれるというロマンティックな言い伝えです。

また、天上界から神様が天使を雨粒にして降り注がせてくれるという考えもあるようですから、雨が降れば振るほど祝福されていると考えてもいいかもしれませんね♪

出典 http://lier.jp

とてもロマンチックですね!雨の結婚式も悪くないのでは?

歌舞伎などの舞台の日の雨

歌舞伎が行われる日の雨は、雨が降る=お客様が降って入るという考えかたで縁起がいいとされているそうです。なんだか粋ですね!

雨にまつわることわざ

・雨降って地固まる( あめふってじかたまる )

雨が降ったことによって地盤が締まり、土地が固くなる。 ごたごたが起こったことによって、かえってあとが安定した状態となってうまく行く、という意味。

・雨だれ石を穿つ( あまだれいしをうがつ )

軒から落ちる雨垂れも、長い間には石に穴をあけることができる。力は足りなくても、 根気よくこつこつと何度も繰り返してやれば、最後には成功するということ。

出典 http://study.matrix.jp

雨に良い意味をもたせてくれますね!

雨の名言

雨が降れば傘をさそう。 傘がなければ、一度は濡れるのも仕方がない。 ただ、雨があがるのを待って、 二度と再び雨に濡れない用意だけは心がけたい。

松下幸之助

出典松下幸之助

雨は一人だけに降り注ぐわけではない。

ロングフェロー

出典ロングフェロー

雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。 それが自由というものだ。

ヨハン・ゲーテ

出典ヨハン・ゲーテ

少し雨が好きになれたかも?

雨が降らなければ生きていけません。雨の日があるからこそ晴れの日が有難い…雨の日を憂うだけでなく、雨にまつわる良い話を思って過ごす雨の日も良いのではないでしょうか?

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス