動物のお面をかぶった裸の男女。あまりにシュールなこの構図に…有名なフォトグラファーの写真と言っても、誰も疑いそうにないのですが…実はコレ。

オーストラリア・メルボルン在住のビジュアルアーティスト“Sam Jinks”さんが制作した、ハイパーリアリズム彫刻でして、シリコンと樹脂、ファイバーグラスなどを使って作り出される作品の数々は、どれも息づかいが聞こえてきそうなほどリアルなんです。

サイズ感こそ違えど、色合いや形、そして皮膚感まで、とことんリアルさを追求した“Sam”さんのハイパーリアリズム彫刻。では思わず見入ってしまう究極のリアル作品。一挙にご覧下さい!

『信じられない!』という方もきっといることでしょう。ですので、製作過程の動画も用意しましたので、是非、ご覧下さい。

出典 Vimeo

これは凄すぎる!

どこからどうみても人間そのものの“Sam”さんの作品の数々。髪の毛などは、本物の人間の髪を使っているそうですが、シリコンと樹脂でここまでリアルな人間を再現出来るとは…もはや空いた口が塞がりませんね。

リアルを超越する“Sam”さんの驚きの彫刻アート。まだまだ紹介しきれていない作品もたくさんありますので、興味がある方は彼のHP。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス