最近巷で話題になっている"ドローン"。なんだかろくな使い方をされていない上、どうも国内製品よりも外国製の方が普及しているご様子。

しかし、技術立国日本においても着々とドローンの開発が進められています。そんな日の丸ドローンの中から、東大の学生が開発したまるでペットのようなドローンを紹介します。

東大ドローン"Phenox(フェノクス)"

出典 YouTube

こちらがそのドローン"Phenox"です。人間の声や笛の音に反応して離着陸を行っていることが分かります。まるで生きているかのようですね。なんとこれ、コントローラや地上機器を全く必要としない自律飛行可能なドローンなのです。

頭脳を持ち合わせているドローン

出典 Vimeo

ちょっと可愛いかも…?ご主人様の手のひらを追っています。

Phenoxは外部からコントロール(操縦)されなくても飛行できる「自律制御機能」を備えたクアッドコプターです。一般的にDrone(ドローン)と呼ばれる飛行ロボは、コントローラーによる外部操作によって飛行していますが、Phenoxは自分で周辺の環境を把握してそれに合わせて飛行できるマシンです。

出典 http://gigazine.net

「Phenox」は2台のカメラとレンジセンサーを搭載しており、自分の位置を映像から計算処理して把握して飛行することができる。これらの計算処理は搭載したオンボードの飛行制御システムで行う。

マイクも搭載し名前を呼んで離陸させたり、カメラで顔認識させたりすることも可能だという。

出典 http://thebridge.jp

一般的な飛行ロボは、それ単体で完結しているわけではなくて、正確に言うと飛行ロボ本体とコントローラーがセットで機能しています。

AR Droneのような飛行ロボも、iPhoneなど本体とは別に地上機と呼ばれる「頭脳」部分があって、その指令通りに飛行しています。Phenoxは地上機不要で、「単体で頭脳まで持ち合わせている」と考えてもらえれば分かりやすいと思います。

出典 http://gigazine.net

出典 Vimeo

音に反応して離着陸を行っていることが分かりますね。持ち主の顔や声を認識して動いてくれる…まるでペットですね!

開発したのは東京大学の学生

出典 https://codeiq.jp

左から東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻の此村領さん、三好賢聖さん

東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻の此村領さん(チーフクリエータ)と同研究室の1年後輩の三好賢聖さん(コクリエータ)がタッグを組んで進めている

出典 https://codeiq.jp

此村 領, チーフエンジニア。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻(知能工学研究室)博士課程に在籍。2012年に東京大学工学部航空宇宙工学科、2014年に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程を卒業。

出典 http://phenoxlab.com

三好賢聖,インタラクションデザイナー・エンジニア。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻(知能工学研究室)修士課程に在籍。2013年に東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業。

出典 http://phenoxlab.com

「生き物」のようにしたかったと語る開発者

三好:Phenox自身がまるで生き物のように、自分で環境を見て考えて行動していくようなものにしたかったんです。

出典 https://codeiq.jp

「頭脳」を持ち合わせているという点で、phenom(天才)+phoenix(不死鳥)の造語としてPhenoxと名付けました。

出典 http://gigazine.net

ただ単に操られるのではなく搭載されたカメラによって周囲の状況を認識して人を追従したり、音に反応して着陸離陸も可能、心を持った飛行ロボットと言っても大袈裟ではない

出典 http://www.excite.co.jp

より実用性が高まったPhenox2も開発済み

Phenox2

出典 YouTube

「Phenox 2」では、デザインも洗練・軽量化されわずか65gのコンパクトなドローンとなった。新たにWi-Fiモジュールを搭載し、飛行しながら撮影した映像をリアルタイムでインターネット上にブロードキャストすることも可能だという。

出典 http://thebridge.jp

Phenox2で撮影している動画をスマホで見るなど、Web Socketで他の端末とのリアルタイム相互通信も可能になった。Linux(Ubunts)も搭載されているので、Phonex2はインターネットにつながる小さな「飛行するサーバー」とも言うことができ、ユーザーは独自にプログラミングをして汎用的な使い方をすることができる。

出典 http://www.sensors.jp

「これまでユーザーと1対1の関係であった従来のPhenoxから、WiFiモジュールを介してインターネットに接続できるようになったことで、“空中を自律的に移動できる超小型Linuxサーバー”として、見方を変えれば“汎用的な超小型モバイルIoTロボット”としてのアプリケーションの幅が大きく広がったことがポイントではないかと思います」

出典 http://weekly.ascii.jp

開発者が見据えている未来図

人の手を借りずに、ロボットが自分で考えて行動できるようになると、世の中が変わるかもしれない。

出典 http://weekly.ascii.jp

飛行ロボットも含めてもっとロボットを身近なものにしたいと考えています。今のロボットの多くはネットワークにつながっていて「情報を収集する」という役割で使われるものも多いと思います。

クラウドやビックデータという流行から当然のことなんでしょうけど。けれど、全体像が見えないこともあるし、それではロボットに親しみを持てないのではないかと思います。もっとクローズドなシステムのロボットの方が人間とのコミュニケーションが進むのではないかと。

出典 http://gigazine.net

究極的に、空間に飛行ロボが常駐して、人間とコミュニケーションを取りながら共生するという世界もアリだと思います。

出典 http://gigazine.net

最近の報道を見ていると、あまり良い印象を抱けないドローンですが、このように人類の生活レベルを大きく向上させるであろう、素敵な研究が進められていることが分かりました。

いつの日かロボットが人間にとってより身近なものとなり、共生する時代がやってくるのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

情報蒐集家 このユーザーの他の記事を見る

スポーツ、芸術、歴史、ミリタリーをこよなく愛する駄目人間です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス