もし、お付き合いしているカレに仲の良い女友達がいたら…。ほとんどの女子は、「できるなら仲良くしないでほしい」と思うはず。

そんな女子の気持ちを知ったとき、カレは一体どんな反応をするのでしょう?

「嫉妬してくれてる!俺、愛されてる!」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

と、嬉しがるか、はたまた…

「ただの友達だし。うぜーな!」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

と嫌がるか…。

答えは…両方です。

恋愛初期では少々の嫉妬はポジティブに受け取ってくれる男性が多いですが、長く一緒にいると、どうしてもうんざりされてしまうことが多いみたい。

“嫉妬”は、ときにはカップルの別れのきっかけにもなってしまうとても厄介な感情。誰だって、しなくて済むならしたくないものですが、そんなの無理に決まってます。だって、人間だもの!
元から断つのが難しいからこそ、いかにうまく付き合うっていくかが大切です。

そもそも、どうして“嫉妬”は起きるの?

嫉妬心は、心理学的には、“自分と同じか、あるいは少し上のレベル”と判断している相手にしか湧かない感情と言われています。つまり、嫉妬をするということは、自覚の有無に関係なく、自分が相手よりも下のレベルであると認識している状況です。

例えば、カレの友達に、見た目が可愛くて気も利く女性がいたとします。一方であなたは見た目も普通、気もそこまで利くわけじゃない…。

この女性に対して、「私の方がレベルが低い…」と引け目を感じてしまう原因はずばり、判断基準を自分ではなく相手に置いてしまっているから。
(この場合は、「可愛い」「気が利く」)

相手の得意分野で戦ったのでは、勝ち目がないのは火をみるより明らか。
それならば、発想を転換して、基準自体を変えてしまえばいいのです!

あなたの強みはどこ?

あなたは、外見は普通かもしれない。でも、その普通さゆえ親近感を感じてもらいやすいという強みがあるかも。また、気は利かないかもしれないけど、それが周りの人からするとほっとけないかわいさと映っているかもいるかもしれません。
そうです。それならあなたは、「愛嬌」「親しみやすさ」のフィールドで戦えばいいんです

他人に嫉妬をしてしてしまうときこそ自分の強みを探す絶好のチャンス
意外と見落としてしまいがちですが、あなたには、あなたにしかない長所・強みが必ずあります。

少々のやきもちは恋愛のスパイスになりますが、あまりにも激しい嫉妬はカレもあなたもつらい気持ちになるばかりです。嫉妬を上手にコントロールして、目指せ愛され女子!♡

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス