借りた金額に金利を掛ければいいだけじゃないの?

カーローンや住宅ローンは経験する可能性がありますが、いわゆるフリーローンも多様化しクレジットカードのリボ払いもそうですが気軽に借金ができる時代になりました。

とはいえ、しっかりと計画を立ててローンを利用するのはとても賢い事なのですが、金利の計算を間違って認識している人が多いのです!

借入額×金利=利息ではないのです!

初回計算だけで安心してはダメ!

例えばですが、100万円借りたとします。金利が20%だとすると、120万返せばいいんだよね?と思う人が多いのです。これは、間違いです!

100万円借りて金利が20%という初回計算だけでは、すぐに利息分を計算できないのです。計算には、返済期間も必要で驚くほど難しい計算が必要だったのです。

とても難しくてややこしい金利の計算方法とは?

実は金利の計算は複雑です。簡単にはできませんので、基本的にお金を借りたところに返済総額を知りたいというと、その詳細を教えてくれることが多いです。

ただ、返済期間に応じてその計算結果は非常に膨大になりますので、結果をもらうには日数を要する事があります。単純に、借りたお金×金利%=借入総額という初回計算だけでは、正しい金利の支払総額を知る事ができないということです。

今すぐ借入総額や利息分の総額を計算したい!

金利の計算は非常にややこしく計算をするのは大変です。そこで、金利を計算してくれるサイトがありましたのでご紹介!

住宅ローンなど、借入金額が高額になればなるほど計算は大変ややこしいです。また、住宅ローンのような金利変動型の場合は、目安にしかなりません。大きく金利がUPしてしまえば借り換えなどの検討をしなければ非常に高い金利を支払う事になります。

借入額に対して、利息分がいくらなのか?把握しておくことが重要です。なぜならば、繰上げ返済が可能なタイプの借入の場合、早く返済したほうが支払利息が減るからなのです!

計画の見直しは必須!計画的に返済プランを!

毎月の返済額だけに注目すると、返済総額自体はすごい事になる場合があります。繰り上げ返済を計画するなど、元本を減らす返済をすることで金利の負担が減ります。

こういった返済に対する計画や相談は、借り入れた会社で相談する事はOKです。色々な相談を受け付けている場合もありますので、しっかりとした返済計画を練って見ましょう!

▼関連リンク

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス