記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。痩せられなくて困っていませんか?今回は、その理由を栄養士に聞いてきました。

食べてないのに太る理由は?

よく「食べていないのに太る」という話を聞きますが、摂取エネルギーが少ないのに何故太ってしまうのか?をまず、考えてみましょう。食べていないのに痩せない(太る)理由は、大きく以下4つが考えられます。

痩せない理由1:筋肉量が少ない

まず一つに筋肉量が少ないことが挙げられます。普通の人に比べて冷え性が酷い、少しの運動では汗をかかないといった人は筋肉量が少なく、基礎代謝が落ちていると考えられます。

代謝が悪いとエネルギー消費も落ちてくるので、食事を減らしたりしてもなかなか食べたものがエネルギーになってくれず、脂肪になり蓄えてしまいます。

痩せない理由2:1回の食事量が多い

次に1回の食事が多いことです。1回の食事量が増えると食事回数を減らした意味がありません。逆に空腹で食べてしまうので栄養の吸収が高まり、太りやすくなってしまいます。

最近では朝食を抜いて1日2食という人が多いそうですが、朝食を抜くとエネルギーが足りず、その分を昼・夜、間食で摂取してしまうことがあります。食事は抜くのではなく、「1日3食にして1回の食事量を減らす」方がダイエットには効果的といわれています。

痩せない理由3:水分を取ってない

水分補給が疎かになると、便秘や代謝を落とす原因になります。なお糖分を含んだものでなく、水やお茶などで補いましょう。

痩せない理由4:不規則な生活

最後に不規則な生活はダイエットには厳禁です。

人間の身体は、

・昼は活動しエネルギーを燃焼させる「活動モード」

・夜はゆっくり休んでエネルギーを蓄える「休息モード」

になるようになっています。

これは脳の「自律神経」という部分でコントロールしています。昼にきちんと活動モードに入ってエネルギーを燃焼させるためには、夜にしっかり休むことが必須です。当たり前なことですが夜はよく眠り、朝はしっかり起きて元気に生活することが大切ですね。

痩せやすいカラダを作るには…

ダイエットをされている方はまず食事量を減らすことだけを考えがちですが、何よりも簡単な

・早寝早起きの規則正しい生活・一汁三菜のバランスのよい食事・適度な運動

の3つを意識するだけでもかなり効果は表れるのではないかと思います。健康的で太りにくいカラダを目指してぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス