記事提供:Doctors Me 

Doctors Me編集部です。健康増進やダイエットに効果があると、注目を集めている白湯。一度沸かしたお湯を冷まして飲むことで、湯冷ましとも言われています。 今回は、そんな白湯飲み健康法について、詳しく見ていきたいと思います。

白湯の目安は50℃前後

白湯を作るのは簡単。水道水やミネラルウォーターを、マグカップに入れて、それを500ワットの電子レンジで温めます。 

温める時間は1分30秒から3分以内。温度の目安は50℃程度。冷たすぎず、温かすぎずがポイントです。時間のある方は、やかんでお湯を沸かして冷まして下さい。

いつ飲むのが効果的?

飲むタイミングは、朝でも夜でもいつでも構いません。その際、ゆっくり飲むことで、しっかり体を温めることができます。

それにより内蔵の働きも活性化され、尿や便の出がよくなります。寒い季節などは、夜寝る前に白湯を飲めば、お布団の中で寒い思いをしなくてすむので、ぐっすり眠ることができるでしょう。

摂取の目安は、1日コップ4杯

飲む量の目安は、1回につき200ml、1日で800ml程度、一般的なマグカップでいうと4ほどが理想的です。最初の1杯は朝起きた時、2杯目、3杯目は仕事の合間、そして夜寝る前に1杯、と分割するのがよいでしょう。

一度に飲み過ぎたり、1日の摂取量が多すぎたりすると、ノンカロリーの水とはいえむくみの原因になったり、トイレが近くなることもあるので要注意。

冷え性改善にも効果あり!?

気になる効果はというと……、ダイエット効果はもちろん、冷え性が改善され、寝る際の足の冷えが気にならなくなったり、便通がよくなる、などさまざまなメリットを実感できるでしょう。

また、他のダイエットとは異なり、リバウンドの心配がないというのも、魅力のひとつではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス